ボストンのプロデューサーがエステートとポール・アンカを訴えていた

エレクトロファンクのバンド、ジョンザン・クルーとして80年代に活躍したボストンを拠点とするプロデューサー、マイケル・ジョンザンが、1000万ドルを求めてマイケル・ジャクソン・エステートとポール・アンカを訴えている。グラミー賞にノミネートされたシングル「This Is It」のクレジットから自分の名前が除外されたと彼は主張している。

マイケル・ジョンザンは法廷に提出した書類の中で、「This Is It」はマイケル・ジャクソンとポール・アンカが1983年に共作したラブソング「I Never Heard」のリメークに他ならないと訴えており、1990年にプロデュースと手直しを依頼されたとジョンザンは述べている。

訴状ではジョンザンが「制作したテープをいまだに保持している」と記されている。彼は昨日、同曲の1/3の所有権を裏づける契約書があると連邦裁判事に対し話している。

しかしエステートの弁護士の一人、ジェレミア・レイノルズは連邦地方裁判所のデニス・J・キャスパー判事に対しこう述べている。

「これらの主張には審理すべき事案が存在しないと私たちは確信しています。私たちはそのことを公にしたいと思っています」。

「This Is It」は、急死によってワールド・ツアーが中止されたことを受けて2009年に公開されたマイケル・ジャクソンの最後のドキュメンタリーのタイトルでもある。このドキュメンタリーは世界中で2億6200万ドル近くの興行収入を記録した。

ジョンザンはキャスパー判事に対し、マサチューセッツ州にはこの裁判に対する司法権があると思うと述べた。その理由については、「アンカ氏は定期的にここで歌っている」、「この曲はマサチューセッツ州で販売されている」、「ジャクソンの本がここで売られている。挙げればきりがない」からだとしている。

オンラインのデータベース、AlMusicによると、ジョンザンはニュー・エディションを発掘し、J・ガイルズ・バンドのリーダー、ピーター・ウルフの1984年のソロアルバム「Lights Out」のプロデュースを行っている。

キャスパー判事は、レイノルズ弁護士やアンカの代理のキャサリン・べドナー弁護士、ジャクソンのカムバックツアーのプロモーターの弁護士ブライアン・デヴィーンらによる、2012年に提訴しているためジョンザンの訴訟を退けるべきだという主張を慎重に審議した。

弁護士らは、連邦著作権法で権利を主張しなければならないとされる期間の3年間を18日過ぎている、ジョンザンは召喚状を送付しなければならない120日の期限を逃している、と述べた。

「被告人たちはあなたを混乱させるために偽装工作をしています」と、ノース・ファルマス在住のジョンザン(59)はキャスパー判事に注意した。彼は、民事訴訟の期限を過ぎたとする弁護士らの異議は「私に訴訟を止めさせようとするまさに壁です。なぜなら、この訴訟には審理すべき事案があるからです」と述べた。

ジョンザンは2003年にはメタルバンドのリンプ・ビズキットも著作権侵害で訴えていて、内容は非公表だが示談となっている。

弁護士を探しているところであるとジョンザンは昨日キャスパー判事に説明し、「AEGライブやポール・アンカ、マイケル・ジャクソン・エステートを成功報酬で相手にしてくれる弁護士を雇うのは容易ではありません」と述べた。

this-is-it1-125x1251.jpg ■Boston Producer Sues!

A Boston-based producer who hit his stride in the ‘80s with the electro-funk band the Jonzun Crew is suing the estate of Michael Jackson and Paul “Having My Baby” Anka for $10 million, claiming the King of Pop and the iconic Canadian crooner cut him out of the credits on their Grammy Award-nominated single, ‘This Is It.’

Michael Jonzun alleges in court filings ‘This Is It’ is nothing more than a remake of the love song ‘I Never Heard,’ which Michael and Anka co-wrote in 1983 and Jonzun said he was asked to produce and tinker with in 1990.

His suit states Jonzun “still has the tapes of the versions he created in his possession.” He told a federal judge yesterday he has a contract to back up his one-third ownership in the hit.

But Los Angeles attorney Jeremiah Reynolds, one of the Jackson estate’s Wilshire Boulevard defenders, told U.S. District Court Judge Denise J. Casper,

“We strongly believe these claims do not have merit. I just want that on the record.”

‘This Is It’ was also the name of Michael’s swan-song documentary released in 2009 when his sudden death at age 50 derailed plans for a world tour. The film grossed nearly $262 million worldwide.

Jonzun told Casper he believes Massachusetts has jurisdiction over his case because,

“Mr. Anka performs here regularly,” “the song is being sold in Massachusetts,” and “Jackson has books being sold here. The list goes on and on.”

The online database AllMusic credits Jonzun with discovering New Edition and with producing J. Geils Band frontman Peter Wolf’s 1984 solo album ‘Lights Out.’

Casper took under advisement arguments by Reynolds, Boston attorney Catherine Bednar on behalf of Anka, and Boston attorney Brian Devine, representing Jackson’s doomed comeback tour promoter AEG Live, that she should throw Jonzun’s suit out because he filed it in October 2012.

That’s 18 days after the three-year window of opportunity he had to stake a claim against the two superstars under the federal Copyright Act, they said. Jonzun then missed the 120-day deadline to serve them with summonses, they added.

Jonzun, 59, of North Falmouth, weighing in by speaker phone, cautioned Casper,

“The defendants are using a smokescreen of sorts to distract you.” He said their protests that his civil action missed the deadline “are really just a wall for stopping me from moving forward because the case has merit.”

Jonzun also sued the metal band Limp Bizkit for copyright infringement in 2003 and reached an undisclosed out-of-court settlement.

He assured Casper yesterday he is actively searching for a lawyer, adding,

“It’s not easy getting someone to take on AEG Live, Paul Anka and the estate of Michael Jackson on a contingency fee basis.”

Source: The Boston Herald & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ