マーレー、控訴裁判所の棄却判断に対して異議申し立てへ

控訴裁判所が全員一致で上訴を退けたことを受け、コンラッド・マーレーはこの決定に対して争う準備をしていると弁護士がニューヨーク・デイリー・ニュースに語った。

ヴァレリー・ワス弁護士は、マーレーが、カリフォルニア州第二区控訴裁判所から出された68ページにおよぶ裁定を精査し、1月30日の期限までに再審理を請求するよう同弁護士に要請したと語った。

「私たちは控訴裁判所の見解に失望しました」と、彼女はマーレー(2011年に過失致死罪で有罪評決)と話しをした後にニューヨーク・デイリー・ニュース対して語った。前の弁護団が薬ビンの残留物の検査の適切なタイミングでの請求を怠り、しかし「弁護士の失策」がマーレーの弁護に影響することは逆になかったと主張しているとしてマーレーの弁護団の一人を「勤勉さに欠ける」と控訴裁判所が非難したのは「皮肉」だとワス弁護士は述べた。

控訴裁判所の裁定では、マイケル・ジャクソンを死亡させたと疑われる麻酔薬ビンの検査を要請する有罪評決後の動議が認められていたとしても、そしてその検査によって、マイケルは死亡時に薬物の点滴を受けていたとする検察側の構図が崩れたとしても、陪審員が有罪評決を下すには十分だっただろうと判事は述べている。

マイケルが亡くなる数時間前に25ミリグラムのプロポフォールを注射し、適切な監視装置なしに電話をかけていたとマーレーが認めたことだけで十分だと判事らは述べている。

「大変不満です。もしジャクソンが点滴中ではなかったら、私たちが意図していた通り、そして私は固く信じていますが、マーレー医師はその場にいる必要はなかったのです。マーレー医師は少量のプロポフォールをジャクソンに注射し、その範囲においてジャクソンを監視していました。電話記録とも正確に符合します」とワス弁護士は述べた。

マーレーは、部屋から出ている間にマイケルが目を覚まし、自分で致死量のプロポフォールを注射筒を用いて投与したという主張を続けている。控訴裁判所は、自分で投与したという理論は「公判で提示された証拠が支持していない」との判断を下している。

「我々の見解では、それは全くの憶測、推量に基づくものであり、陪審員の評決を崩すものではない」との判断を控訴裁判所は示している。

「裁判所の分析は憶測だらけだと私は考えています」とワス弁護士は述べている。

マーレー(60歳)は、禁固4年のうちの2年を服役した昨年10月に刑務所の混雑の為に出所している。

■Murray files petition to fight appellate court’s decision to reject his appeal last week

Conrad Murray is vowing to fight on after an appellate court unanimously rejected his criminal appeal last week (read), his lawyer told the New York Daily News.

Defense lawyer Valerie Wass said Monday that her client has reviewed the 68-page ruling from California’s 2nd District Court of Appeal and asked her to file a petition for re-hearing before a Jan. 30 deadline.

“We’re both grossly disappointed in the opinion,” Wass told The News after communicating with the cardiologist convicted of involuntary manslaughter in 2011. She said it was “ironic” that the Court of Appeal blasted one of Murray’s trial lawyers for a “lack of diligence” – saying the lawyer failed to seek timely testing of bottle residue – but then claimed “counsel’s errors” didn’t adversely affect his defense.

In their ruling, the justices said even if Murray had prevailed with his post-verdict motion to test the bottle of anesthesia suspected of killing Michael Jackson – and even if the tests managed to undermine the prosecution’s theory Michael was on a drug drip when he died – the jury still had enough to convict.

The justices said it was enough that Murray admitted giving Michael a 25-milligram injection of propofol in the hours before his death and then talked on the phone without proper monitoring in place.

“I’m really frustrated,” Wass said Monday. “If Jackson wasn’t on a drip, as we contend and I strongly believe, then Dr. Murray didn’t have to stay. He gave Jackson a small amount of propofol and monitored him while it was in his system. That fits in exactly with his phone records.”

Murray has maintained that Michael awoke while he was out of the room on June 25, 2009, and self-administered a fatal dose of propofol with a syringe. The appellate court found that the self-administration theory was “not supported by the evidence presented at trial.”

“In our view, it is based almost entirely on conjecture and speculation that does not undermine the jury’s verdict,” last week’s ruling stated.

“I think the court’s analysis is replete with speculation,” Wass said Monday.

Murray, 60, was released from jail last October after completing his four-year-sentence in two years thanks to jail overcrowding.

sources: LMJ, NY Daily News
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ