制作費が史上最も高かったミュージック・ビデオ

ビジネス・インサイダーが、これまで制作されたミュージック・ビデオについて制作費が高かったものをリストアップしており、マイケル・ジャクソンの作品は、妹のジャネットとの「Scream」が制作費史上最高額となっている。この大変興味深い記事は、「マーケティングの革命的形式」としてのMTVの誕生から始まり、最も高価な放映作品を挙げて、物価上昇分の換算まで行っている。マイケルのビデオについての言及部分は以下の通り。

BAD
MTVやミュージック・ビデオが楽曲を一段高いところへ押し上げ、ミュージシャンたちがこれまで以上に一般の人々の目に入るようになった当時、マイケル・ジャクソンは長尺できめ細かく作りこまれた高価なビデオによって有名になった。

1987年の「BAD」のために、ジャクソンはオールスター・チームを作った。すなわち、著名な映画監督マーティン・スコセッシと作家のリチャード・プライスだ。全18分のこのビデオの撮影に、チームはトータルで6週間をかけた。

「West Side Story」とは対照的に、このビデオでは、寄宿制の名門校から町の中の故郷へと帰省するティーンエイジャーとしてジャクソンが登場する。ブルックリンの地下鉄の駅構内で、レザーを身にまとったジャクソンに完璧な振付のストリート・ダンスのキューを出してみよう。

プライスは後に、彼の役割についてNew York Magazineに語っている。

「考えてみてください。リチャード・プライス、スコセッシ、マイケル・ジャクソン。ノーという人がいますか?もちろん私はやろうと思いました。それぞれが自分の仕事をしたのです。ジャクソンは役者としては悪くはありません。それからスコセッシは、そう、彼は素晴らしい」。



Black Or White
「Home Alone」の頃のマコーレー・カルキンのダンスとギターから始まれば、どのようなミュージック・ビデオでも良い出来になるに決まっている。

タイラ・バンクスと革命的視覚効果「モーフィング」が加わって、もう一つの記念すべきジャクソンの作品が出来上がった。たくさんの特殊効果・・・11分の中には黒ヒョウがジャクソンに変化するシーンもある・・・を駆使したこのビデオは、制作費の高騰のきっかけとなった。1分あたり30万ドルというのをお試しあれ。

1991年にジョン・ランディス監督の本作がテレビで最初に発表された時、これを見た人は5億人にのぼり、FOXの当時の最高視聴率を記録した。



Scream
制作費史上最高を締めくくるのは、兄妹デュオ、マイケル・ジャクソンとジャネット・ジャクソン、そしてその1995年のヒット曲「Scream」だ。

マーク・ロマネクが監督したこのビデオは、マイケルとジャネットが地球と地球上のメディアによる攻撃から宇宙船で逃げるということを描いている。13のセット、17万5000ドルの照明、それにCGの宇宙船が6万5000ドルかかっており、最終的な費用は700万ドルにまで膨らんだ。

「Scream」は、1995年のMTVビデオ・ミュージック・アワードでベスト・ダンス・ビデオ賞を受賞している。



記事全文とリストを見るにはこちらをクリック。

Source: businessinsider.com & MJWN with special thanks to Signe
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ