キャプテンEOのトリビア

マイケル・ジャクソンのファン、バリー・クレイドンが Screen Rant.comというウェブサイトで興味深い記事を発見した。そこには、マイケル・ジャクソンの素晴らしい映画「キャプテンEO」についての10のトリビアが記されていた。

これをお読みの皆さんが面白いと思っていただければ幸いです。

1986年、マイケルはディズニーの4-Dライド、キャプテンEOに登場した。キャプテンEOは、劇場内でレーザーやスモークを使った3-D効果や、光ファイバー製の壁による星空を用いるなど、当時としては画期的作品であった。同作品はポップ・カルチャーおよびディズニーの伝説となった。以下は、あまり知られていない同作品の興味深い事実である。

1. マイケル・ジャクソンは本作の製作にあたり、ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグの両人に依頼したかった。スピルバーグは、映画「カラーパープル」の製作のために辞退したが、ルーカスは了承した。

2. ルーカスは監督にフランシス・フォード・コッポラを推薦した。興行的に大失敗となった「ランブルフィッシュ」と「コットンクラブ」の後で、コッポラが仕事が必要だったからである。

3. タイトルはコッポラが決定した。ギリシャ神話の暁の女神「Eos(エーオース、エオス、イーオス)」が由来である。

4. 推定1700万ドル以上という予算で、一分あたり100万ドル以上のコストがかかっている。これにより最も高価なショート・フィルムの一つとなっている。

5. キャプテンEO公開の週、National Enquirer誌が、悪名高い、高圧容器に入って眠っているマイケル・ジャクソンの写真を公開した。ジャクソンは自身でこの写真をリークしていた。キャプテンEOに注目を集めるためであった(報道によれば!)

6. 劇中に登場する首領を表現するために、アンジェリカ・ヒューストンは毎日3時間のメークに耐え、天井からケーブルで吊り下げられなければならなかった。マイケルは、毎日、たとえ彼女のシーンが撮影されていない時でもメークをした状態で彼女を待機させていた。

7. 「スタートレック ファーストコンタクト」で、ボーグ・クイーンがワイヤで吊るされているシーンはキャプテンEOの首領にヒントを得たものである。

8. フーターは、「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」に登場するマックス・レボにヒントを得たものである。

9. あるお粗末な批評的反応と、リピーターも少なかったために、キャプテンEOは1997年に終了した。マイケル・ジャクソンの死後、2010年に再度オープンした。

10. MTVは1996年に一度だけキャプテンEOを放送した。テレビで放映された唯一の事例である。キャプテンEOは家庭用の媒体では一度も公式販売されていない。

記事と写真はこちら

captain_eo-1.jpg ■ Barry's ‘Captain EO’ Facts
Michael Jackson fan, Barry Claydon, visited a website called Screen Rant.com where he discovered an interesting article, which had ten facts about Michael’s superb film ‘Captain EO.’

He hopes other fans may find these facts interesting.

In 1986, Michael appeared in the 4-D Disney ride, Captain EO. Captain EO was a groundbreaking production at the time with 3-D effects, lasers and smoke in the theater, and a starfield on the walls made from fiber optic cables. The short film has become a legend in pop culture and Disney lore. Here’s a few interesting facts most people don’t know about the production.

1. Michael Jackson wanted either George Lucas or Steven Spielberg to produce the movie. Spielberg declined because he was working on The Color Purple, but Lucas agreed to produce.

2. Lucas recommended Francis Ford Coppola to direct, because Coppola needed work after his career suffered a setback with two box office bombs, Rumblefish and The Cotton Club.

3. The movie was named by Francis Ford Coppola. “EO” comes from the Greek goddess of the dawn, Eos.

4. At an estimated budget of over seventeen million, Captain EO cost over a million dollars a minute, making it one of the most expensive short films ever made.

5. The week of Captain EO’s release, the National Enquirer published the now infamous photo of Michael Jackson sleeping in a hyperbaric chamber. Jackson leaked the photo himself to build up attention for the ride, (according to media outlets!)

6. To portray the Supreme Leader, Anjelica Huston endured three hours of make-up daily, and had to be suspended from the ceiling in cables. Michael made her stay in makeup every day, even when they weren’t shooting her scenes.

7. The scene in Star Trek: First Contact where the Borg queen is lowered on wires was inspired by the Supreme Leader.

8. The character of Hooter was inspired by Return of the Jedi‘s Max Rebo.

9. A poor critical response and lack of repeat business shut down the ride in 1997. The ride was reopened in 2010 after Michael Jackson’s death.

10. MTV aired Captain EO once in 1996, the only time the short film has aired on TV. Captain EO has never been officially released in any home format.

To see the article and photos yourself, just click here.

Source: screenrant.com & MJWN, with grateful thanks to Barry Claydon
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ