マイケル・ジャクソン・カンパニー vs ロイズ

2009年6月25日にマイケル・ジャクソンが亡くなって以来、法廷では裁判が切れ目なく続いている。昨年は、キャサリン・ジャクソンと家族たちがAEGライブを訴えた。AEGライブがキング・オブ・ポップを限界まで追い込んだという主張だった。この裁判は勝訴とはならなかったが、彼の死をめぐる状況を調査しようという別の裁判の準備が進んでいる。

この裁判では、エステートはAEGライブと同じ側に立つことになる。「This Is It」ツアーにおける1750万ドルの保険金の支払いを逃れようとするロンドンのロイズの保険会社らによる訴訟で、彼らはともに抗弁しているのだ。

マイケル・ジャクソン・カンパニーが、マイケル・ジャクソンの健康状態が良好であったことを示す文書がこれだ。

「パフォーマンスするにあたってのミスター・ジャクソンが健康であったことについては、死亡直前の2009年6月23日と24日のリハーサル中のミスター・ジャクソンの映像によって証明されています。映画『This Is It』に編集されたこの映像は、ミスター・ジャクソンがコンサートで十分パフォーマンス可能であったことだけではなく、素晴らしいパフォーマンスが可能であったことと明らかに示しています」とマイケル・ジャクソン・カンパニー(マイケル・ジャクソンが設立し、現在はエステートの管理下にある)が12月31日に裁判所に提出した書類には書かれている。

この訴訟では、マイケル・ジャクソンの健康状態については騙されたのだとロイズ側は主張している。ロイズ側は、昨年の裁判でジャクソン家側が陪審員に提示したものと同じAEGライブ内のメールのやり取りを提示している。マイケル・ジャクソンの真の健康状態が明かされていれば、「事故」保険契約を拒んでいただろうと保険会社側は述べている。

公判は暫定的に2月に予定されている。判事はまず、略式判決を求めた原告側の申し立てと被告側の反証を審理することになる。

提出された書類によると、2009年1月、AEGはキャンセル時の保険を検討していた。AEGはロンドンの保険仲介業者に出向いたのであるが、その仲介業者はマイケルについての「ほとんど毎日」の報道を知っていて、マイケルを医師に検査してもらうことを勧めたという。

そして2月4日、マイケルは、ニューヨークの耳鼻咽喉科医デヴィッド・スラヴィットによる健康診断を受け、「健康」で「良好」だという診断が下されたのである。
(参考:ロイズ、AEGを訴える保険金をめぐり、エステートがロイズと法廷闘争

mj88.jpeg ■ MJ Company Defends Another Lawsuit

Ever since Michael Jackson died on June 25, 2009, there's been almost nonstop action in courts. Last year, Katherine Jackson and the rest of the singer's family pursued AEG Live on the theory that the concert promoter had pushed the King of Pop to the edge. The effort was unsuccessful, but get ready for another possible trial examining the circumstances surrounding the performer's death.

This one puts the handlers for the estate on the same side as AEG Live. Together, they are defending a lawsuit brought by underwriters at Lloyd’s of London, wishing to get out of paying a $17.5 million insurance policy on the ‘This Is It’ tour.

Here, the Michael Jackson Company presents the singer in fine condition.

“As to the issue of Mr. Jackson’s fitness to perform, that is conclusively proved by the footage of Mr. Jackson rehearsing on June 23 and 24, 2009, immediately prior to his death,” says court papers filed on Dec. 31 by the Michael Jackson Company (an entity set up by the singer and now controlled by executors of his estate).“ This footage, which was compiled into the motion picture This Is It clearly shows that Mr. Jackson was not only fit to perform in concert, but that he could still do so brilliantly.”

In the lawsuit, Lloyd’s of London asserts it was misled about the singer’s health. The insurance underwriters point to some of the same AEG Live internal emails that were presented to a jury by Jackson’s family last year. Those emails allegedly show that AEG tried to hide his deteriorating health. The insurer says it would have refused an “accident” policy had the singer’s true condition been revealed.

A trial is tentatively scheduled for February. First, a judge considers the plaintiff’s summary judgment motion and the defendants’ opposition.

According to documents in the case, AEG looked to secure cancelation insurance in January 2009. The concert promoter went to a London-based insurance broker, which allegedly was aware of the “almost daily” press about Michael and therefore recommended the singer be examined by a doctor.

On Feb. 4, Michael was examined by Dr. David Slavit, a New York-based ear, nose and throat doctor who found the singer to be in “good health” and “excellent condition.”

Source: Hollywood Reporter.com & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ