AEG裁判:新たな裁判については結論出ず

AEGライブはマイケル・ジャクソンの死に対して賠償責任があると訴えたマイケル・ジャクソンの母親による新たな不法死亡訴訟について、許可するかどうかの暫定裁定が金曜日に判事より下された。

2時間以上の議論を聞いた後も上級裁のイヴェット・パラスエロス判事はすぐには結論を下さなかった。

2009年にマイケル・ジャクソンに麻酔薬を過剰投与した医師について、雇用したことが過失だと訴えたキャサリン・ジャクソンの裁判は、10月に陪審員に棄却された。

原告側弁護士は、評決用紙の書き方のために陪審員たちが裁判における証拠を十分に検討することを阻まれた主張している。一方AEG側の弁護士は、新たな裁判を起こす根拠がないと反論している。

AEGライブ側のジェシカ・ステビンズ・ビーナ弁護士は判事に対し、争点となっている文章について、評決用紙と注意事項の草案に盛り込んだのはキャサリン・ジャクソンの弁護士だと述べた。

ジャクソン家側の弁護士デボラ・チャンはこれに対し、陪審員に裁判の結論を促したあの設問は修正しえなかった、評決用紙からは削除されるべきであったと述べた。

パラスエロス判事はいつ最終裁定を下すかについては明言しなかった。判事が新たな裁判を支持した場合、キャサリン・ジャクソンの弁護士は上位の州裁判所に上訴を求めることができる。

この裁判では、陪審員は5ヶ月以上にわたって証拠となる証言を聞いてきた。

キャサリン・ジャクソンは、彼女自身とマイケル・ジャクソンの3人の子供たちを代表してAEGライブを訴え、AEGライブがコンラッド・マーレー医師を雇い、そしてマイケル・ジャクソンをケアするにあたり利益の相反を生じさせたと非難した。

多額の負債を抱えていたマーレーは、ロンドンのO2アリーナで計画されていたカムバック・コンサートの間、ジャクソンの専属医として月15万ドルが支払われることになっていた。ジャクソンは2009年6月25日、マーレーが睡眠補助として使用していたプロポフォールの過剰投与により亡くなった。

マーレーは2011年に過失致死罪で有罪評決を受け、2年間服役した後の10月に釈放された。

この裁判では、ジャクソンの私生活や、エンタテイナーとしての日常、そして様々な病気の治療について詳細に調べられた。

評決は、ジャクソンのケアを行うにあたりマーレーが倫理的であったと陪審員が考えたのではなく、彼は適任でその技量があったということを意味していると陪審員は後に述べている。

AEGライブは裁判中、一貫していかなる不法行為を否定し、マーレーがジャクソンの屋敷の寝室でプロポフォールを投与していたことなど知る術がなかったと述べていた。

propofol.jpg ■Judge tentatively rules against new Jackson trial

LOS ANGELES — A judge issued a tentative ruling Friday against granting a new trial in a negligence case filed by the mother of Michael Jackson claiming a concert promoter was financially liable for the singer’s death.

Superior Court Judge Yvette Palazuelos did not immediately finalize the ruling after hearing more than two hours of arguments from lawyers.

A jury in October rejected Katherine Jackson’s lawsuit claiming AEG Live LLC negligently hired the doctor convicted of giving her son an overdose of anesthetic in 2009.

Her lawyers argued the verdict form didn’t allow jurors to fully consider evidence in the case. Lawyers for AEG Live countered that there was no basis for a new trial.

AEG Live attorney Jessica Stebbins Bina told the judge it was actually Katherine Jackson’s lawyers who included the disputed language in drafts of the verdict form and instructions.

Jackson family attorney Deborah Chang, however, said the question that brought jurors to end the case couldn’t have been corrected and should have been excluded from the form.

Palazuelos did not indicate when she would finalize her ruling. If she stands by it, Katherine Jackson’s attorneys could pursue an appeal with a higher state court.

Jurors heard more than five months of evidence in the lawsuit trial.

Katherine Jackson sued AEG Live on behalf of herself and her son’s three children, accusing the concert promoter of hiring Dr. Conrad Murray and creating a conflict of interest in his care of the pop superstar.

Murray, who was deeply in debt, expected to be paid $150,000 a month to care for Jackson while the singer prepared for a planned series of comeback concerts in London’s O2 Arena. Jackson died on June 25, 2009, after receiving an overdose of propofol, which Murray was giving Jackson as a sleep aid.

Murray was convicted of involuntary manslaughter in 2011 and released in October after serving two years in jail.

The trial offered a close look into Jackson’s personal life as well as his routines as an entertainer and medical treatments for a variety of ailments.

Jurors later said their verdict did not mean they thought Murray was ethical in his care of Jackson, but that he was fit and competent to serve as his doctor.

AEG Live denied any wrongdoing throughout the trial and said there was no way executives could have known that Murray was giving Jackson propofol in the bedroom of his rented mansion.

Source: Washington Post / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ