The man in Michael’s mirror

マイケル・ジャクソンとシルク・ドゥ・ソレイユはそれぞれの分野において一匹狼であった。こう語るのは、今週月曜日にドバイに上陸した壮大なショー「Michael Jackson: The Immortal World Tour」の監督、ジェイミー・キングである。

「ホテルの窓の外に大きなビル群と人工島が見えました。これはマイケルだと思いました」。9月に行われた「weekend tabloid!」誌のインタビューでキングはこう語った。「マイケル・ジャクソンは不合理さというものを信じていました。あなた方がここに作り上げたものは単にすばらしいというだけではなく、不合理であるように見えます。マイケルはここにいたいと思ったのではないかと私は思います。彼は単に世界的スーパースターだったというばかりではなく、世界が一つになって欲しいと思っていました。そして私は、『Michael Jackson: The Immortal World Tour』が、彼のレガシーや音楽、ショーマンシップ、そして世界の偉大な教師であったことを讃えるために、彼のファンたち、歳をとった人も若い人も一つにしたことを誇りに思っています」。

Duvent Events招聘による「Michael Jackson: The Immortal World Tour」は、ドバイ・ワールド・トレードセンター・アリーナにて12月30日に開幕し、1月14日までドバイ・ショッピング・フェスティバルの一環として上演される。60人以上のパフォーマーが登場するこのショーは、キング・オブ・ポップの作品のヴィジュアルとダンス、音楽そしてファンタジーの融合だ。そしてキングは監督として、その中心にいる。

「シルク・ドゥ・ソレイユと世界最高のエンタテイナーのマイケル・ジャクソンをミックスさせたらビッグなショーにならないわけないでしょう?脚本兼監督として、それは大きな責任です。アクロバットにアーティスト、ダンサー、アクロバット、ミュージシャン・・・みんなマイケル・ジャクソンが愛したものです。舞台作品とロック・スタイルのショーを組み合わせた作品です。音楽とアクロバット、ダンスは全て素晴らしいです。マイケルになれる人はありません・・・彼はキングですから。でも私たちが出来るのは、多様性がありマイケルを最高の形で翻案することができるキャストを確実に選ぶ、ということです。ステージには65通りのマイケルが登場します。最高に壮観によみがえります。私たちが大好きなマイケル・ジャクソンです」。

過去16年間、キングはマドンナやリアーナ、ブリトニー・スピアーズ、セリーヌ・ディオン、リッキー・マーティン、クリスティーナ・アギレラ、アヴリル・ラヴィーン、マライア・キャリー、シャキーラ、ジョージ・マイケル、レイン(韓国のスター)、エルトン・ジョン、ダイアナ・ロスらと仕事をしてきた。エレン・デジェネレス(エレン・ショーのホスト)とも仕事をしている。エミー賞やMTVのビデオ・ミュージック・アワードのノミネートも多数ある。「部屋にどう入るかということに尽きると思うんです」と彼はこれらのビッグ・ネームと仕事をすることについて語る。「与えたものと同じだけ得ることができる。アーティストとの最初のミーティングで部屋に入る時、オープンであること、そして制作の場で彼らが気分良くいられるようにするということが重要です。彼らはそう感じたのではと思います。だから私は嫌な経験をしたことがありません」。

ストーリー

シルク流の旅である。登場人物たちは、私たち全てが記憶し大好きでよく知っているマイケル・ジャクソンというファンタスティックな世界へ足を踏み入れる。観客は、彼の音楽や彼を象徴するルックスを経験することとなる(誰もが一度は手にしたかもしれないきらめくグローブを覚えておいでだろうか?)。そして、彼の違った部分へと足を踏み入れる。私たちは人道主義者のマイケル・ジャクソンに会う。彼の動物愛を目にする。私たちが愛した「Smooth Criminal」や「Thriller」を踊ったダンス・スターに会う。そしてショーは、ネバーランドというおとぎ話で最高潮となる。ヒネリもあり、登場人物の一人が進化して、特別な方法でこの世界の一部となるのを目撃する。私たちはマイケルの思考の深部に入り、彼の本質を感じ、そして見ることになる。「Immortal Tour」は「Michael Jackson One」(これもキングの脚本・監督)とは違う。「Immortal Tour」は演劇とロックのコンビネーションである。「One」はラスベガスのマンダレイ・ベイで上演中であるが、観客は最大2000人である。一方「Immortal Tour」は最大2万人収容のアリーナで上演され、壮観なものとなるように作られている。物語というよりは旅だ。マイケルがやりたかったであろうやり方である。

その人、マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンは究極のプロフェッショナルだ。そしてしばしば、彼はコメディアンにスイッチを切り替えた。彼はこのような異なる側面を持っていたのである。彼は愛情溢れる人で、愉快な人で、寛大な人であった。彼は地上最高のエンタテイナーだった。さらなる情報はjamiekingofficial.comまで。

jamie_king.jpg

■The man in Michael’s mirror
Both Michael Jackson and Cirque du Soleil are mavericks in their field, says dancer and choreographer Jamie King, director of Michael Jackson: The Immortal World Tour, the massive show that rolls into Dubai this Monday.

“When I looked out my hotel window and saw all these huge buildings and the manmade islands, I felt, this is Michael,” King said during an interview with tabloid! in September. “Michael Jackson believed in the illogical. What you have created here is not just remarkable but seems just as illogical. I feel Michael would have wanted to be here. He was not just a global superstar but wanted the world to become one. And I’m proud that the Michael Jackson: The Immortal World Tour has brought his fans, old and young, together to celebrate his legacy, his music, his showmanship and the man who was a great teacher, all over the world”.

Brought by Duvent Events, Michael Jackson: The Immortal World Tour begins at Dubai World Trade Centre Arena on December 30 and will run until January 14 as part of Dubai Shopping Festival. The show, with 60-plus performers, is a fusion of visuals, dance, music and fantasy from the late King of Pop’s work. And King, as the director, is the pivot on which it rests.

“How can you not have a big show if you mix the world of Cirque du Soleil and Michael Jackson, the greatest entertainer in the world? As a writer-director it is a huge responsibility,” said King. “It has actors, artists, dancers, acrobats, and musicians… all things Michael Jackson loved. It’s a combination of theatre and a rock-style show. The music, the acrobatics, the dances are all larger than life. No one can be Michael — he was one of a kind. But what we can do, and respectfully, is making sure we have a cast that is diverse yet interprets Michael in the best possible way. There will be 65 Michaels on stage. It will be reliving, in the most spectacular way, those moments we all love about Michael Jackson”.

In the past 16 years, King has worked with Madonna, Rihanna, Britney Spears, Celine Dion, Ricky Martin, Christina Aguilera, Avril Lavigne, Mariah Carey, Shakira, George Michael, Korean superstar Rain, Elton John, Diana Ross and even Ellen DeGeneres. He is a multiple Emmy Award and MTV Video Music Award nominee. “I think it is all about how you walk into the room,” he says about working with such big names in the industry. “What you give is what you get. When I walk in for a first meeting with an artist it is important to be really, really open and make sure they are comfortable in the space of being creative. And I think they’ve realised that too, so I’ve never had a bad experience”.

The story

Reinterpreted in the Cirque-way, it is really a journey of the characters, which go into this fantastical world called Michael Jackson that we all remember, love and know. Here we get to experience his music, his iconic looks — remember the sequined glove that we all probably had at one time? — and into different areas of himself. We see the humanitarian Michael Jackson and his love for animals. We also see the iconic, Smooth Criminal-Thriller dance star that we loved, and show culminates with all of us in the fairy tale land of Neverland.
Here happens a twist where you will see one of the characters evolve into and become a part of that world in a very special way. We delve into Michael’s head and feel and see the essence of the man. Immortal Tour is different from Michael Jackson One (also directed and written by King) because it’s a combination of theatre and rock and roll. Where the latter, showing at Mandalay Bay in Las Vegas, is available to about 2,000 or so people at a time, Immortal Tour shows in arenas with capacity of up to 20,000 people at a time. It’s built for spectacle. It’s less about a story and more about a journey. That’s how Michael would have wanted to do it.

The man

Michael Jackson was the ultimate professional. And often he would switch and become a comedian. He had all these different sides to him. He was a loving man, funny man, generous man, he was the greatest entertainer on earth.
For more information log on to jamiekingofficial.com.

Source: gulfnews / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ