陪審員たちは評決の過程で唖然としていた

6ヶ月にわたったあの裁判は、AEGライブ側の勝利で終了した。マイケル・ジャクソンの母親と子供たちは、コンサート・プロモーターのAEGライブにはマイケル・ジャクソンの死に責任があった、なぜなら、彼の死に対して過失致死罪で有罪となった医師を雇い、監督していたのはAEGライブだからだ、と主張していた。

キャサリン・ジャクソンの弁護士が新たな裁判に向けて木曜日に提出した書類にその声明が添付された陪審員たちは、ほとんどの陪審員はAEGライブが2009年のマイケルの死に責任があるという判断にしたいと思っていたと述べている。

評決用紙に問題があったという議論に加え、ジャクソン家の弁護士らは、雇用したか否かという点を切り離し、過失があったか否かという点を陪審員らに追求させることを拒んだという点で判事には誤りがあったと主張している。

マイケルは2009年6月25日に手術用麻酔薬プロポフォールの過剰投与で亡くなった。コンラッド・マーレー医師は警察に対し、AEG制作のツアーの準備中だったマイケルの不眠症治療のために同薬を用いていたと供述した。

「コンラッド・マーレー医師は、そのために雇われた仕事を行うことについて不適当、あるいは不適任でしたか?」評決表の第二の設問に対して「No(適任)」であると答えることに大部分が同意した後に審議を止めるよう言われた時のことをこの陪審員たちは「驚いた」、「腹が立った」、「ショックを受けた」という言葉を使った。

陪審員の一人はこの設問を「この裁判の本当の問題を審議することを阻んだ引っ掛け」だと評した。

「この裁判を6ヶ月間聞いて、ミセス・ジャクソンはAEGライブに対する彼女の主張を証明したと思いました」と他の陪審員は述べている。「にもかかわらず、原告側に有利な投票をする方法がなかったのです。評決用紙があのような書かれ方をしていたからです」。

ジャクソン家の弁護士は、新たな裁判へ向けての主張の中で、ロサンゼルス郡上級裁判所のイヴェット・パラスエロス判事が、この設問に「常に」という言葉を付け加えるようにとの要請を拒んだのは誤りだったと主張している。

この4人の陪審員(裁判所が公開した書類では名前は伏せられている)がこれに同意している。

「マーレー医師は、利益の相反が生じてその義務が変わり、圧力がかかるようになって以降、あるいは契約書が作成されマーレー医師が署名して以降に、不適当、不適任となったのだという原告側の主張を判断するための機会がなかったということを判事には分かってもらいたいです」とそのうちの一人の陪審員は述べている。

この設問が「彼が雇用された時点で」という意味にすぎないのではと一人が他を説得した後、陪審員たちは「no(適任)」に票を投じたのだと二人の陪審員は語っている。

「審議の間、私は、設問2を説明するようにとの質問を判事に送るよう頼んだのです。でもその時点で陪審長はすでに『no』と答えていて、評決用紙に署名するようにとの指示に従っていたのです」と一人は語っている。「騙されたと思いました。5ヶ月間の裁判で、倫理的相反が生じていたとするたくさんの証拠を聞いていたからです。その上私はこの問題については全く熟慮が足りていませんでした。持ち込まれた多くの証拠を吟味もしていませんでした」

他の陪審員は、設問2について指示を仰ぐための質問を判事にしなかったのは、「私たちが審議中であることを誰にも知られたくなかったから」と述べている。

「評決用紙が公正であったとも間違った記述がされていたとも思いません。書かれているように、設問2は引っ掛けで、私たちはこの裁判の本当の問題を審議することを阻まれたのです」と一人の陪審員は言っている。

この陪審員はこのことによって蒙った精神的痛手を説明している。「陪審員評決以来、私の怒りは収まらず、最初のうちは食べることも電子メールをチェックすることもできませんでした。評決に申し訳なく、そしてこの裁判で正義がなされなかったことが残念だったからです。評決用紙の設問2の表現のために」。

他の陪審員も「この裁判では正義がなされたとは思っていません」と述べている。

今回提出された宣誓供述書では、12人の陪審員のうちの一人が、終わりにするように言われたにもかかわらず審議を止めることを拒んだことが明かされている。「彼は残りの設問に答えることを続けると主張していました」と一人が述べている。

パラスエロス判事は新たな裁判に向けての討議を1月3日に聞く予定となっている。

katherinejackson.jpg ■ Jurors Stunned By Verdict Process

The six-month-long trial ended in October with a victory for AEG Live, the concert promoter Jackson’s mother and children had claimed was liable for his death because it hired, retained or supervised the doctor convicted of involuntary manslaughter in the death.

The jurors, whose sworn statements were attached to a motion for a new trial filed Thursday by Katherine Jackson’s lawyers, said most of the jury wanted to find concert promoter AEG Live liable in Michael’s 2009 death.

Along with arguing that the verdict form was faulty, the Jackson lawyers contend the judge erred by refusing to let them pursue a negligence claim independent of the hiring case.

Michael died from an overdose of the surgical anesthetic propofol on June 25, 2009, which Dr. Conrad Murray told police he used to treat the pop icon’s insomnia as he prepared for a tour produced by AEG Live.

They jurors used the words “stunned,” “upset” and “shocked” when they were told they had to stop deliberations after a majority agreed that the answer was “no” to the second question on the verdict form — “Was Dr. Conrad Murray unfit or incompetent to perform the work for which he was hired?”

One juror called the question, “a trap that prevented us from deliberating on the real issues of the case.”

“After sitting through almost six months of the trial in this case, I believed that Mrs. Jackson had proven her case against AEG LIve,” another juror said. “Despite this fact, I had no way of voting in favor of the plaintiffs because of the way that the verdict form was worded.”

Jackson lawyers, in their arguments for a new trial, contend that Los Angeles County Superior Court Judge Yvette Palazeulos erred by denying their request to add the words “at any time” to the question.

The four jurors, whose names were redacted from the documents released by the court, agreed.

“I would like the judge to know that we did not have the opportunity to deliberate or render a verdict on the plaintiffs claims that Dr Murray did not become unfit or incompetent until after the conflict of interest was created, Dr. Murray’s duties were changed, pressures were mounting, or even after the contract was prepared and signed by Dr. Murray,” one juror said.

The jury voted “no” only after one member convinced them that the question could have only meant “at the time he was hired,” two of the juror statements said.

“During our deliberations, I asked to send a question to the judge to explain Question 2, but by then the foreman had already answered ‘no’ and followed the instructions to sign the form,” one said. “I feel so cheated because I sat through five months of trial and listened to a lot of evidence on the ethical conflict created — yet I never got to even deliberate at all on that issue or even review the hundreds of exhibits that had been brought in.”

Another juror said they decided not to ask the judge for direction on the second question because “we did not want anyone to know where we were in deliberations.”

“I do not believe that the verdict form was fair or worded incorrectly, and as phrased, Question 2 was a trap that prevented us from deliberating on the real issues of the case,” a juror said.

The same juror described the emotional toll it has caused. “Since the jury verdict, I have been very upset, and initially I was unable to eat or even check my e-mails because I was so sorry about the verdict and the fact that justice was not done in this case, because of how question 2 on the verdict form was worded.”

“I do not think that justice was achieved in this case,” another said.

The affidavits revealed that one of the 12 jurors refused to stop deliberating despite being told it was over. “He insisted that we continue answering the rest of the questions,” a juror said.

Judge Palazeulos will hear arguments on the new trial motion on January 3.

Source: CNN & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ