エステート代理人ハワード・ワイツマン弁護士からマーレーに宛てて送付された手紙の要旨

・マーレーとマイケル・ジャクソンの間のいかなるやり取りも、医師と患者間の秘匿特権に含まれている。

・カリフォルニア州法の下、エステートは秘匿特権を引き継ぎ、権利の行使を認められている。

・マスコミに対する、マイケル・ジャクソンの私生活や健康状態、診療に関する最近のコメントは明確に秘匿特権を侵すものである。

・秘匿特権を侵し続けるのであれば、エステートは訴訟を含む、取りうる法的手段をすべて行使する。

・さらに、医師免許の回復を求めているという報道が事実であれば、秘匿特権を侵し、尊重することを拒み続けていることについて、当該医事委員会にその旨を報告する。


ソース:The Official Online Team of The Michael Jackson Estate™ / MJJFANCLUB.JP
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ