マイケルと「記憶の達人」

トニー・ブザンの上品な声は上ずっていた。マイケル・ジャクソンとの友情について回想しているからだ。「彼とは10日ほど過ごしました。彼の情熱は名声や金に向いていたのではありません。学ぶこと、知性と才能を高めることにあったのです」。

トニー・ブザン(71)は、記憶と、潜在能力を最大限に生かすためのその使い方の第一人者である。この方面については20冊以上の著作があり、視覚が記憶の引き金になるという「マインドマップ」の提唱者である。

マイケルは、ブザンのベストセラーを読んでいて、彼に教えを請うた。マイケルは、自身の恐るべき精神的才能を生かしたいと思っていた。そして、子供たちにも教えたいと思っていた。

「彼はしきりに知りたがっていました。『天才とは?』、どうやって才能を伸ばす?自分の子供に伝えるには?彼は明晰に考えていました。彼のヒーローはレオナルド・ダ・ヴィンチであり、ミケランジェロであり、アルバート・アインシュタインであり、チャールズ・ダーウィンでした。そしてチャーリー・チャップリンも。

マイケルは、チャップリンが最も創造的で、最も繊細で、最も受容性があり、そして最も卓越したエンタテイナーだと考えていました。ほとんどの人がチャップリンはまったく話さないと思っていましたが、彼のボキャブラリーはとても豊富だったのです。マイケルはそういった人々の才能を学びたがっていたのです」。

ブザンは生徒達へと全く同じことをマイケルに語った。すなわち、現代においてますます低く見られているとはいうものの、記憶は人間の最も重要な特質である、と。マイケルが亡くなって以降、この言葉の真理はそれ以前にもまして明らかだ。スマートフォンとネットの現代では、記憶することを古風な遺物であるとみなすのは簡単だ。世界の知識がすぐに手に入るご時勢に、なぜわざわざ何かを思い出す必要があるのか?

「記憶と言うのは想像を土台としているのです。視覚と創造力を土台としているのです」とブザンは言う。「記憶を鍛えると、精神と認識のスキルが強化されるのです」。

逆に言えば、もし記憶が低下すれば・・・例えばその機能の大部分をテクノロジーでまかなってしまえば・・・脳は必然的に損傷を受け、機能が低下し弱くなるのである。

「何もかも貧弱となり人生は怠惰なものとなるでしょう」とブザンは言う。「自信を失い始めます。頭から記憶を取り去ったら何が残りますか?空っぽの建物みたいなものですよ。倒壊寸前の建物です。立て直さなければなりません。強くしなければならないんです」。

マイケルが読書家で知識を得ることに熱心であったことはよく知られている。ブザンの提唱を知って、彼は自分の知識への情熱を幼い子供たちに伝えたいと思ったのである。

全文を読むにはこちら(英文)。

■Michael Befriended ‘Memory Man’

There’s a crack in Tony Buzan’s plummy voice as he reminisces about his friendship with Michael Jackson. “I spent 10 days with him. His main passion was not fame or money – it was learning and developing intelligence and genius.”

Buzan (71) is a leading authority on memory and how we can use it to maximise our potential. He has written more than 20 books on the subject and is an advocate for the ‘mind mapping’ technique, whereby visual cues are utilised to trigger recollections.

Michael sought the Englishman out having read several of his bestsellers. He wanted to harness his own formidable mental talents – and to teach his children, Michael Joseph, Paris and Prince, to do likewise.

“He was eager to know, ‘what is genius?’ How do you develop it? Pass it onto your children? He was very focused. His heroes were Leonardo da Vinci, Michelangelo, Albert Einstein and Charles Darwin – and Charlie Chaplin.

“Michael believes Chaplin was the most creative, the most sensitive, the most receptive and brilliant entertainer. Chaplin had the most enormous vocabulary even though most people didn’t think he spoke at all. Michael wanted to study their genius.”

Buzan told Michael the same thing he tells all his students: that memory is one of our most important attributes, even as it has become increasingly devalued in the modern world. In the years since the Michael’s death, the truth of this statement is more obvious than ever.

In our age of smartphones and ubiquitous connectivity, it is easy to regard memory as a quaint leftover from another time. Why go to the trouble of recalling anything when all the knowledge in the world is at your fingertips?

“Memory is based on imagination, on the optical senses and on creativity,” says Buzan. “When you (develop) your memory, your mental and cognitive skills get stronger.”

Conversely, if we allow memory to wilt away – through the wholesale outsourcing of its functions to technology, for instance – the brain inevitably suffers, turning flabby and weak.

“Everything becomes weaker and your life becomes forgetful,” says Buzan. “You start to lose your self-confidence. If you take memory out of your mind, what is left? It is like an empty building – the building is crumbling and tumbling. You have to build it, you have to strengthen it.”

It is well-known that Michael loved reading and gaining knowledge, which after reading Mr Buzan’s account, Michael wished to pass on his passion to his young family.

To read the entire article, please visit here.

Source: Independent.ie & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ