12のスリリングな事実・・・Trick Or Treat?(その2)

7. 「Thriller」の振付師は「Beat It」のギャングのメンバーだった

振付師のマイケル・ピータースは、パット・ベネターの「Love Is a Battlefield」やマイケルのビデオ「Beat It」における画期的なダンス・シークエンスも手掛けている(「Beat It」では、ギャングのリーダーの一人を演じていた。白い服を着た、サングラスの口ひげの方だ)。彼はミュージカル「ドリームガールズ」の振付でトニー賞を受賞したが、1994年にエイズで亡くなった。わずか46歳であった。

8. ゾンビ・ダンスの魅力はグローバル

ギネス・ブックによると、「Thriller」のゾンビ・ダンス・ルーティーンの最多人数のギネス記録がある。「2009年8月29日、メキシコ・シティーの革命記念塔において、教育研究機関が企画したイベントで1万3597人が参加した」。

9. 「Thriller」を題材としたビジネス講座はデタラメ

ジョン・ランディスは、「Thriller」制作の動機とその巨大な金銭的インパクトを語っている。「現実には、あれは自分のためのビデオだったんですよ。『Thriller』は、すべてはマイケルがモンスターに変身したいというところから始まったんです。何一つ計算されてはいません。これははっきりさせておきたいんですが、というのも、『Thriller』を題材とした講座がハーバードのビジネス・スクールにありましたけど、あれは完全にデタラメですよ」。

10. 「Thriller」は人に取りつく力があるのかもしれない

9歳だったシー・ロー・グリーンは「Thriller」がとても怖かった。テレビで放映されるといつもその部屋から逃げ出していた。「彼が取りつかれてるんなら、僕は間違いなく取りつかれる。だってマイケルは僕なんかよりよっぽど強いんだから」。

11. レゴの「Thriller」でさえ素晴らしい

12. ヴィンセント・プライスの「最後のしゃべり」は素晴らしい

ホラー映画のレジェンド、ヴィンセント・プライス(「肉の蝋人形」、「シザーハンズ」)がスポークン部分を録音した時、実は彼はカットされたが全ヴァースを録音していた。「悪魔たちが歓喜の声を上げる/悪魔たちが見張っているのはおまえだ、まるまる太った格好の獲物/グルーヴは素晴らしい/だが、おまえの足は凍ったままだ/おまえは逃げようとする、叫ぼうとする/だが、おまえが太陽を見ることはないだろう/悪魔は墓場から来ているのだから/おまえを冷酷に握りつぶすために」

(おわり)
thriller_101.jpg

Source: Rollingstone & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ