クインシー・ジョーンズ、エステートとソニーを訴える

クインシー・ジョーンズが、マイケル・ジャクソンのヒット曲の一部について、著作権料とプロデュース料数百万ドルが未払いであるとしてマイケル・ジャクソン・エステートを訴えた。

金曜日に起こされたジョーンズの訴訟では、エステートとソニー・ミュージック・エンタテインメントは彼の著作権料とプロデュース料を奪うために曲を不当に再編集したとして、両者に最低でも1000万ドルの支払いを求めている。これらの曲は、映画「This Is It」や、マイケル・ジャクソンの曲を基にしたシルク・ドゥ・ソレイユの2つのショーの中でも使用されていると訴状では述べられている。

さらにジョーンズは、曲の「This Is It」についてプロデューサーとしての自分の功績が認められるべきだと主張している。そして、未払い額を決定するために、これらの作品によるエステートの利益の会計報告を求めている。

クインシー・ジョーンズは、ジャクソンの最も人気のある3枚のソロ・アルバム「Off the Wall」、「Thriller」、「Bad」においてジャクソンとともに仕事をした。

エステートは声明で、ジョーンズの訴訟について悲しんでいると述べている。「知る限りでは、ミスター・ジョーンズは、マイケルとのおよそ35年にわたる仕事に対して適切な報酬を受けています」とその声明には記されている。

ソニー・ミュージックのニューヨークの各オフィスは営業時間外で、メッセージを残しているが返答は得られていない。

ジャクソンのヒット曲、「Billie Jean」、「Thriller」、「Don't Stop `Til You Get Enough」について、著作権料とプロデュース料を奪うために再編集されているとジョーンズは主張している。

ジョーンズの訴状では、プロデューサー契約では、再編集や変更の際は自分に最初の機会が与えられることになっていた、自分の評判を守るのがその理由の一つである、と述べられている。

ソース:ASSOCIATED PRESS

mj_qj.jpg
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ