マイケルの失われた子供時代

ライターのリア・マルルーニーが、マイケルの失われた子供時代、そして生涯を通じてそれを取り戻そうとし、家庭であるネバーランドの建築にたどり着いたことについてエッセイを書いている。

『彼が亡くなってほぼ5年が経ったが、マイケル・ジャクソンはアメリカにおいて依然として有名人である。彼は、その途方もない才能や注目を集めた裁判、そして謎に満ちた死のために、熱狂的なファンたちや忌まわしい批評家たちなどあらゆる人々の間で話題に上っている。

彼は大人になってからの大部分を、両親のアメリカン・ドリームのために取り上げられた子供時代を取り戻すことを探求するために費やした。この探求の結果、彼は個人所有のネバーランドを創造することとなった。これは、彼が失ったものを見つけ直すという無垢な要望から生まれたものである。

彼の心理が研究され、彼の人間性が脇に押しやられるにつれて、この場所は彼の大人になってからの人生における混乱の根源となった。彼はアメリカ的なもの、すなわち私たちの社会において知らぬものはいないことの犠牲者だった。白いフェンスで囲まれたアメリカン・ドリームの追求で、ジョセフ・ジャクソンとキャサリン・ジャクソンは、芸能ビジネスで金になるキャリアを熱望していた。

それが失敗に終わると、二人は子供たちを成功させて生きようとした。こうしてジャクソン・ファイヴが誕生したのである。マイケルがこの5人組の中で王冠を頂いた宝石であったことは誰もが知っている。スターの座に上り詰めると、彼は子供らしい生活を取り上げられ、とてつもない才能を持つ操り人形とされた。

彼の幸せな場所で、彼が子供を虐待したと非難された時、彼はそれを激しく否定した。その訴えは、マイケルと住んでいた少年の親によってなされたものだ。少年自身の訴えではない。

12歳の少年となぜ一緒に寝てはいけないのか、彼は分からなかったかもしれないが、12歳の少年の親なら誰もが分かっているはずのことである。それではなぜ、この子はネバーランドに滞在することを許されたのだろうか?

普通であれば危険だと見なされている中に、この親はわが子を喜んで置いたのではないか?つかの間の名声を得るために。子供を傷つけようと企んでいる者が一晩自宅にその子を滞在させる前に、わざわざその子の両親に許可を求めるなどということを誰が信じるだろうか?

マイケル・ジャクソンが生涯の大部分において苦悩していたということを私たちは否定できない。しかし、彼は、彼を助けるはずだった医師たちの犠牲者である。彼をサポートするはずだったファンたちの親の犠牲者である。彼に無償の愛を注ぐはずだった両親の犠牲者なのである。わが国における主たる行動の動機である金のために、彼の生涯は収入源とされ、彼の死はフランチャイズ・ビジネスとされたのである』。

リア・マルルーニー

mj34.jpg ■ Michael’s Lost Childhood

Writer Leah Mulroney has written an essay on Michael’s lost childhood and his lifelong search for its return, finally achieved by building Neverland as his home.

“Though it has been almost five years since his death, Michael Jackson remains a household name in America. He is talked about by crazed fanatics, hateful critics and everyone in between due to his immense talent, high-profile court case and suspicious demise.

He spent most of his adult life in search of a way to return to his lost childhood, something that was taken from him in his parents’ pursuit of the American Dream. This search lead him to the creation of his own personal Neverland, which came from an innocent need to rediscover what he had lost.

This place became a source of much of the turbulence in his adult life as his psyche was probed for answers and his humanity was pushed to the side. He was a victim of the American Way, a condition not unknown in our society. In pursuit of the white picket fence American Dream, Joseph and Katherine Jackson longed for a lucrative career in the entertainment industry.

Following their failure, they set their children up for a life in which they could live vicariously through. From this, the Jackson 5 was born. It was no secret that Michael was the crowned jewel of the quintet. As he rose to stardom, he was stripped of his childhood and made into an extraordinarily talented puppet.

When accusations came that he had abused children in his happy place, he vehemently denied them. The accusations came from a parent of a boy who had stayed with Michael, not from the boy himself.

Though Michael may not have seen why having a 12-year-old boy in his home for a sleep over was wrong, any parent of that 12-year-old should have. Why then, was this child allowed to stay there?

Was this parent willing to put his child in what is normally perceived as harm’s way in order to achieve the ever sought 15 minutes of fame status? How can anybody believe that somebody looking to harm children would bother to get the permission of the parents before having the children in his custody for an evening?

We cannot deny that Michael Jackson was a troubled soul for most of his life, but he was victimized by doctors who were supposed to help him, parents of fans who were supposed to support him and parents who were supposed to unconditionally love him. With money as the chief motive in our country, the man’s life was turned into a meal ticket and his death into a franchise.”

- Leah Mulroney

Source: keeneequinox.com & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ