クインシー・ジョーンズ、ブルース・スウェディン、ロッド・テンパートンがマイケルを振り返る

ドバイ・ミュージック・ウィークでクインシー・ジョーンズ、ブルース・スウェディン、ロッド・テンパートンがマイケルと仕事をした思い出について振り返っている。

クインシー・ジョーンズ:
「シドニー・ルメットの映画『The Wiz』のサウンドトラックの仕事をしていたんだ。その時マイケルがこう言った。『ソロアルバムの契約をしたんだ。プロデューサーを見つけるのを手伝ってくれませんか?』僕はこう言ったよ。『マイケル、何を言ってるんだい?僕はこの映画の為に一曲しか用意していないんだ。これを最初にやらなければならないんだよ』」

サウンドトラックのレコーディング中、ジョーンズはマイケルのトレードマークである意志の強さを初めて目の当たりにする。つまり、この20歳の若者はサウンドトラックの全ての歌詞を覚え、ダンス・ステップをつけたのである。

「僕らは一緒に仕事をすべきだと私にはわかったけどレーベルはノーと言ったよ。『クインシーはジャズすぎる』と彼らは言っていた。僕らは『Off The Wall』のレコーディングを続け、そしてこのアルバムは当時の最高の売り上げのブラック・レコードになったのさ」。

マイケルの歌唱スタイルについて語るロッド・テンパートン

「彼は常にビートのてっぺんに座っていてどんどん前に進めていたよ。そしてメロディーを乗せるんだ」と、「Rock With You」や「Off The Wall」、「Thriller」といった古典の曲作りに貢献したロッド・テンパートンは振り返る。「彼のために曲作りをしていて、彼が、短い音がたくさんある強いメロディーを持つ曲を好むということがわかったよ。その他に気付いたことでは、ボーカルのハーモニーが好きだということだね。僕も好きだ。僕はメロディーに言葉を溶け込ませるよう心がけていたよ」。

ブルース・スウェディン、アキュソニック・レコーディングについて

「なんかの装置だと思っている人がいて、日本から買いに来た人もいたよ」と、レコーディングに使われた有名なアキュソニック・レコーディング・プロセス(Acusonic Recording Process)についてブルース・スウェディンは語った。「実は、accurate sonic redording(正確な音のレコーディング)といって、クインシーと僕がいつもやっていたことなんだよ」。

スウェディンによれば、三作のアルバムに最先端の感覚を加えるためにたくさんの音のテクニックを取り込んだのだという。「マイケルには、マイクの近くで歌ってもらってそれを2回重ねる。次に少し離れて歌ってもらい、その次にもっと離れて歌ってもらった。やっていることは、このサウンドで音のエネルギーを作り出すということ。そうすると、サウンドが左、右、真ん中のスピーカーから聞こえるように配置できる。すべてを組み合わせると、レコードから魔法のような音が聞こえるんだよ」。

「Thriller」は「Starlight」と呼ばれていた

「Thriller」の狙いは、「大人」のマイケルのアルバムにすることだったという。「『Off The Wall』から『Thriller』への移り変わりは、すなわち彼が若者から男になったということだったんだ」とジョーンズは語った。

これは、歌詞が大人向けのものになり、よりアグレッシブなサウンドになったということを説明するものだ。メロディーを完成させた後、テンパートンが曲のドラマに合う歌詞を作り上げるのに少し時間がかかった。「最後の最後まで歌詞が書けなかった」とテンパートンは言う。「だから、『Thriller』は『Starlight』と呼ばれていたんだ。『Starlight」は、メロディーの進行をマイケルに教えるためにとりあえずデタラメに置いた言葉なんだ。次の朝の朝食の時、あの言葉が頭にひらめいた。電気みたいだったよ。すぐに歌詞を考え始めた。『Thriller』はこうしてできたのさ」。

ソングライターとしてのマイケル

最後のコラボレーション「Bad」のころになると、ジョーンズはマイケルに曲作りの主導権をとるよう後押しした。「彼は『Off The Wall』で2曲と半分を書いた。『Thriller』では4曲だった。『Bad』のころには、僕は彼に、評判に挑戦し、批判してやろうという視線に立ち向かい、そしてありのままを話す。そういう時が来たんだよと言ったんだよ。結局彼は『Bad』で9曲書いた。『Bad』からは5曲のナンバーワンが出たんだ」。

マイケルのレガシー

「彼のような人はいないよ」とジョーンズは言う。「彼は自分のやっていることには何から何まで注意を払っていた。彼は決して諦めない。彼のような人は見たことがないね」。

テンパートンは、マイケルの個性がアルバムがもつマジックに大きく貢献していると考えている。「すべてのインスピレーションはマイケルからのものだ。彼はステージ以外ではとても寡黙な人だった。でもテープが回ると、彼が持っていたような痺れるようなエネルギーを持っている人なんかいないってことがわかるよ」。

記事全文(英文)と写真はこちら


■Quincy, Bruce & Rod's Memories Of Michael
During Dubai’s music week Quincy Jones, Bruce Swedien and Rod Temperton recalled their memories of working with Michael.

Quincy Jones:

“I was working on the soundtrack to Sidney Lumet’s film ‘The Wiz,’” the producer Quincy Jones recalled. “Michael was there and he said: ‘I got a deal to record a solo album, will you help me find a producer?’ I told him: ‘Michael, I don’t know what you are talking about because I only have one song for this film. I have to work on this first.’”

While recording the soundtrack, Jones first experienced Michael’s trademark determination; the then 20-year-old memorising all the soundtrack’s lyrics and associated dance steps.

“I knew we had to work together,” Jones said. “The record label said no to us working together because they said ‘Quincy was too jazzy’. We went on to record ‘Off the Wall’ and that became the highest-selling black record of all time at that period.”

Rod Temperton On Michael’s singing style:

“He always sat on top of the beat and really pushed it along and gave it a lot of melody,” described the British songwriter Rod Temperton, responsible for penning classic tunes including ‘Rock with You,’ ‘Off the Wall’ and ‘Thriller.’ “Writing for him, I knew he loved songs with a strong melody with a lot of short notes in it. The other thing I noticed about Michael is that he loved a lot of vocal harmonies on the song, so that was something I included. I always tried to make the words melt into the melody.”

Bruce Swedien On Acusonic Recording:

“Some people thought that it was an actual device and one guy from Japan wanted to buy it,” said the assistant producer Bruce Swedien about the famed Acusonic Recording Process used to record the albums. “It actually means accurate sonic recording, which is what Quincy and I do all the time.”

Swedien says he incorporated a lot of sonic techniques to give the three albums a cutting-edge feel: “Sometimes I would have Michael sing close to the mic and double [track] it and then tell him to move back further and the third time even further. What that does is create a sonic energy with the sound and then you can stagger it, making the sounds come from the left [speaker], the right and the middle. When it all combines together on the record, it just sounds magical.”

‘Thriller’ was called ‘Starlight’

The aim with ‘Thriller’ was to be Michael’s “mature” album: “The transition from ‘Off the Wall’ to ‘Thriller’ was to say that he has moved from being a youth to man,” Jones said.

This explained the adult themes in the lyrics and the more aggressive sounds. After completing the melodies, it took a while for Temperton to come up with the appropriate lyrics to match the song’s drama. “I never write lyrics until the very end,” Temperton said. “So ‘Thriller’ was actually called ‘Starlight’ and that was just some rubbish word I put down to demonstrate to Michael how the melody went. Then during breakfast the next morning, the word shot into my head. It was like electricity and immediately I started thinking of the lyrics. That’s how ‘Thriller’ came to be.”

Michael the songwriter

When it came to the last of their collaborations, ‘Bad,’ Jones pushed Michael to take the songwriting reigns. “He wrote two and half [songs] in ‘Off the Wall,’ four in ‘Thriller.’ And when it came to ‘Bad,’ I told him it’s time to go against all the publicity and walk into the eye of the fire and tell the truth about everything.

“He eventually wrote nine songs for ‘Bad.’ The album had five No 1 records.”

Michael’s legacy

“There was no one like him,” Jones said. “He focused on everything he did and he would never give up. I have never seen anyone like him.”

Temperton believes Michael’s personality was largely responsible for the magic on the albums. “All the inspiration was driven by Michael,” said Temperton. “He was a very quiet man off the stage but once that tape rolls, you realise no one has that electric energy that he had.”

To view the full article and photo go here.

Source: The National UAE & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ