AEG裁判:陪審員は「This Is It」未公開映像を見ることになるのか?

原告側は金曜日に弁論を終えたが、いくつかの争点についての結論は出ておらず、映画「This Is It」の未公開映像を陪審員に見せるかどうかについての判事の判断もなされていない。

ジャクソン家側弁護士は、このリハーサル映像には、2009年6月25日の直前にAEGライブの幹部らの目の前で明らかに体調が悪そうだったマイケル・ジャクソンが映っていると述べた。

「AEGは、『This Is It』がマイケルの最後の2日間は素晴らしかったことを示しているという議論を展開しましたが、もし未修正映像を見れば、また違ったストーリーが見えていきます」とケヴィン・ボイル弁護士は閉廷後にDaily Newsに語った。

「6月17日以降の映像の中には、ミスター・ジャクソンが傾斜を2人に抱きかかえられて歩く様子が映されています。他の人にとっては登るのも降りるのも何の問題もない傾斜です」

AEG側の主任弁護士マーヴィン・プットナムは、未公開映像公開の許可を判事が下したら、最後のリハーサルの「Thriller」の映像を未修正ですべて陪審員に見て欲しいと述べた。

最終弁論は火曜日から予定されているが、リハーサル映像の提示が許可された場合、その長さによっては遅れる可能性もある。

thisisit_281.jpg


ソース:NYDailyNews / MJ-Upbeat.com
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ