イモータル、ドバイへ

マイケル・ジャクソンはドバイではパフォーマンスをしたことがなく、彼はここでコンサートをやるという約束を果たせないままに亡くなった。今となってはどうにもならないことだが、「This Is It」がスタートするほんの数週間前の2009年6月にキング・オブ・ポップが亡くなり、UAEのファンたちにとっては今でも、この地のスポットライトの中でマイケルのターンを見るということは実現されていない夢のままとなっている。

「マイケルに戻ってもらうことはできませんが、私たちがみなさんにお届けするものは現状では最高のものです」。これが、有名な振付師でありマイケルの「Dangerous」ツアーでの4人のダンサーの一人であったジェイミー・キングの熱い回答だ。シルク・ドゥ・ソレイユの「Michael Jackson – The Immortal World Tour」の監督として、世界に名を知られたこのショーは、かつて世界をその音楽で魅了したレジェンド、アイコンへのトリビュートであるとキングは語った。

ドバイ・ショッピング・フェスティバル20周年としてアラブ首長国連邦で開催されるシルク・ドゥ・ソレイユのヴィジュアル・スペクタクルは、12月30日から1月4日まで上演され、企画者らは「レジェンドに相応しいトリビュート」だと評している。

このショーについて、そして友人マイケル・ジャクソンについてキングはこう述べている。
「ドバイはマイケル・ジャクソンなんです。つまり、彼は非論理性というものを信じていました。この人工の島を、そして世界で最も高いビルを見ていると、この町は、伝説的な個性のレジェンドを描写するのにぴったりなんです。マイケルはここでやりたかったはずだと思います」。

マドンナやジェニファー・ロペスらと仕事をしてきたキングは、マイケル・ジャクソンとの仕事についてこう語っている。

「マイケルは僕の師でした。世界的スーパースターへのトリビュートとして、僕は彼のレガシーを称える以上のこと、彼の人道主義者としての役割についてハイライトする以上のことをしたかったのです。

マイケルは型にはまりませんでした。シルク・ドゥ・ソレイユは型にはまったショーはしません。この二つをトリビュートとして一つのステージに組み合わせるためにシルクのプロデューサーたちが僕に連絡をしてきたことは当然言えることでした」。

その結果が、2011年以来111都市をツアーしてきたヴィジュアルの一大ショーで、総計300万人以上の公演を売り切ったのである。アーティスト、ミュージシャン、重力をものともしないアクロバットたちとシルクのショーマンシップはマイケルの大ヒット曲35曲と融合し、北米で第二位の興行収入を上げたロックスタイルの舞台作品を作り上げた。

Meraas Leisure and Entertainmentの子会社Duventがドバイに招致したこのショーについて、シルクのシニア・ディレクター、ルネ=クロード・メナードはこう説明している。

「ステージには60人近くのパフォーマーたちがいます。1200着もの衣装を使っています。そのうちの96着にはLEDが埋め込まれています。運搬するのに3台のトラックが必要な量なんです。

『Immortal』で皆さんがご覧になるのは、シルク史上最大のステージ作品です。比較できる作品は他にはありません」。

インパーソネーターはいない。「安っぽい」マイケルのインパーソネーターはショーには出演せず、またレジェンドを説明する伝記的なナレーションもないとキングは断言する。

「ショーのコンセプトを練る上での一番の懸念は、ステージで何をやっても、マイケルのファンに殺されかねないということでした」とキングは笑って言った。「最も苦労し、もっとも挑戦的だったことは、単に彼の音楽を選ぶことから始めたということだと思います。このショーのためのマッシュアップをいくつか作りました。でも、有名な『Thriller』など、象徴的なヴィジュアルを保っているものもあります。最高潮なのはネバーランドです。マイケルの家です。ステージの上に作られます」。

作品に正当性をもたらすため、キングとシルクはマイケルの親友たちやファミリーにアドバイスを求め、作品の中身について共有した。メナードがこう続ける。

「MJのファミリーやエステートと緊密に仕事をしてきましたし、彼らが太鼓判を押すよう努めて来ました。

ミセス・ジャクソン(マイケルの母、キャサリン)が最初にご覧になったとき、彼女は涙ぐんでおられました。子供たちも気に入ってくれています。2012年には121人のファミリーのためにスペシャル・ショーも行いました」。

このことは、隣国カタールに夫ウィサル・アル・マナと住んでいるジャネット・ジャクソンにもドバイのショーの招待状が送られるということを意味しているのだろうか。メナードはそつのない返答を選択した。「ジャクソン・ファミリーはどなたでも歓迎します。このショーは、マイケルのレガシーを包括するものなのですから」。

このショーは、ドバイ・ワールドトレード・センターのアリーナで開催される。チケットは295から2,295ディルハム(およそ8,000-63,000円)で、間もなく販売が開始される。

Jamie-King-w-Cirque-poster1-640x360.jpg

ソース:Emirates 24/7 Online & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ