エステート vs IRS

国税申告書に記載された申告額に対する課税額と罰金に対して、エステートがIRS(内国歳入庁)を訴えている。

2009年に亡くなった者に対する連邦税控除額は350万ドルだった。つまり、この金額を越えた不動産資産に対して課税されるということだ。

連邦固定資産税は、亡くなった日に故人の管理下にあった資産の純資産価値に基づいて計算される。死後6ヶ月の時点での資産価格を使用するという選択も可能となっている。この選択枝はAVD(alternate valuation date)と称され、市場の変動による資産価値下落や、故人のビジネスの価値の低下を考慮することを目的としている。これは、一般の納税者には起こりうることであるが、フォーブスの故人長者番付のトップにいるマイケルについては当てはまらない。

死去にともなう未払い税金は遺産から支払われることになっている。マイケルの遺言では、税金のほとんどを信託財産から支払うように求めているが、遺言執行人は納税についての不服申し立てや手続きをする責任がある。エステートが実際問題としてIRSを訴えている理由はここにある。この訴訟は次のように記載されている。
(2013年8月14日付修正)故人、マイケル・J・ジャクソン、申立人、ジョン・G・ブランカ(共同遺言執行人)、ジョン・マクレーン(共同遺言執行人) 被告、内国歳入庁長官(連邦租税裁判所017152-13 )
この訴状は連邦租税裁判所に提出された。

この問題についてさらに読むにはこちらをクリック(英文)。

■Michael’s Estate Versus IRS

Michael’s Estate is suing the Internal Revenue Service over taxes and penalties assessed as a result of values reported on his federal estate tax return.

The federal estate tax exemption amount was $3,500,000 for decedents dying in 2009. That means that estate assets in excess of that amount are taxed.

For federal purposes, estate tax is calculated on the net value of the assets in the control of the decedent as of the date of death. There is an election available to use the values as of six months after the date of death, as well. That election is referred to as AVD, or alternate
valuation date, and is intended to account for the potential drop in the value of a decedent’s estate due to fluctuations in the market or a drop in the value of the businesses owned by the decedent. That drop can happen to ordinary taxpayers, but it’s not the case for Michael who remains firmly near the top of Forbes’ list of Top Earning Dead Celebrities.

Taxes payable as a result of the death of the decedent are the responsibility of the estate. Even though Michael’s will requires most of the taxes due to be paid out of his trust, the executors of the estate are legally responsible for filing and arranging for the payment
of taxes. That’s why, as a practical matter, the estate is suing the IRS. The case has been captioned (after an August 14, 2013 amendment) Estate of Michael J. Jackson, Deceased, John G. Branca, Co-Executor and John McClain, Co-Executor, Petitioner(s) v. Commissioner of Internal Revenue, Respondent (017152-13 U.S. Tax Court) and was filed in U.S. Tax Court.

To read more on this complex matter, please click here.

Source forbes.com & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ