AEG裁判:ケニー・オルテガが再び証言

ケニー・オルテガが木曜日に証言し、大人は自分の健康については自分で責任を持つものだ、マイケルが自分で責任を持っていたとは思わない、と述べた。

AEGライブの弁護士マーヴィン・プットナムは、「マイケル・ジャクソンの健康については誰が責任を負っていたのですか?」と質した。

「大人は自分の健康については自分で責任を持つものです。マイケルが責任を持っていたとは思っていませんでした」と答えた。

オルテガは、マイケルがAEGから圧力をかけられているところは見たことはないと述べ、16年間におよぶマイケルとの仕事の中で、マイケルについて薬物を使っているような兆候は見たことがないと証言した。

さらに、6月19日にマイケルの体調が悪かった時のことについて、そんなことは以前には見たことがなかったと説明した。彼は、AEGに対しマイケルが震えていることを警告し、被害妄想的な兆候があることを伝えた、翌日にマイケルとマーレーとのミーティングが設定された、と述べた。

そのミーティングで、マーレーはオルテガを叱責し、アマチュア医師のように振る舞うな、と告げたという。マイケルは自分が元気であると請け合った、とオルテガは述べた。3日後にマイケルはステージに復帰し、それまでで最高のリハーサルを行った、とオルテガは述べた。

弁護側は、AEGとマーレーとの契約そしてオルテガとの契約の違いについて指摘した。マーレーとの契約はマイケルの承認に基づいているのに対し、オルテガはAEGに直接雇用されていた。

ジャクソン家の弁護士ブライアン・パニッシュは、マイケルの健康状態についてのスタッフの懸念について質問し、またメンタルヘルスの専門家を連れてくるようAEGの幹部らに対し提案した時のことについて質問した。

「AEGはマイケル・ジャクソンとコンラッド・マーレーを非難したいのです。そして彼らは責任を受け入れません」とパニッシュは述べた。

オルテガは尋問を受ける間終始落ち着いており、陪審員から称賛された。


■Kenny Ortega Returns To Stand

Kenny Ortega returned to the stand yesterday telling jurors that adults are responsible for their own health and he didn’t think Michael was very responsible.

AEG attorney Marvin Putman asked; “Who was responsible for Michael Jackson’s health?”

“Adults are responsible for their own health. I didn’t think he was being very responsible. It was his responsibility, in my opinion,” Ortega replied.

He then denied that he’d ever seen Michael pressured by AEG and said that in over sixteen of working with him, he’d never seen any sign of drug taking with regard to Michael.

Ortega then explained that when Michael became ill on June 19th, it was like nothing that he’d ever seen before. He said he’d alerted AEG to Michael’s shivering and what he said were signs of paranoia and a meeting was set with Michael and Murray the next day.

At the meeting Murray lectured Ortega and told him not to play amateur psychiatrist. He also said that Michael assured him that he was fine. Three days later Ortega said Michael was back on stage and gave his best rehearsal so far.

The defence pointed out the difference between AEG’s contract with Murray and Ortega. Murray’s contract was based on Michael’s approval and Ortega’s company was hired directly by AEG.

Brian Panish, who is representing Mrs Jackson, then questioned Ortega about concerns by staff with regard to Michael’s health and when Ortega had suggested to AEG executives that they bring in a mental health professional.

“AEG wants to point the finger at Michael Jackson and Conrad Murray and they accept no responsibility,” Panish said.

Ortega maintained his composure throughout the questioning and received applause from the jury.

Source: ABC & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ