AEG裁判:シェフの証言とパリス、プリンスの宣誓ビデオ(その1)

パリス・ジャクソンとプリンス・ジャクソンが火曜日に彼らの父の最後のコンサート・プロモーターを相手取った不法死亡訴訟に初めて登場した。

AEGライブ側弁護士は、料理人の証言に対抗する目的で、マイケル・ジャクソンの上二人の子供たちの宣誓供述ビデオからの映像を法廷で再生した。

マイケル・ジャクソンと彼の3人の子供たちのために最後の数ヶ月間料理を担当していたカイ・チェイスは、亡くなる直前の彼が身体的に不調であったと説明した。

ジャクソンは4月には強健で健康であり活動的だったが、6月までにはとても弱ってしまったため、当時12歳のプリンスが階段を登るのを手伝わなければならなかったとチェイスは証言した。

チェイスはジャクソンが亡くなった当日について、コンラッド・マーレー医師の刑事裁判時の証言を繰り返した。

だが、彼女が発した最もドラマチックな言葉は、マイケル・ジャクソンの死が子供たち・・・プリンス、パリス、ブランケット(子供たちの祖母宅で彼女は今も料理をしている)にどのような影響を与えたか、ということについてだった。

「子供たちはお父さんのことについてよく話します。それは子供たちが決して乗り越えることはないことのように思えます。お父さんへの愛と、そして子供たちがいかにお父さんを恋しがっているかということです」。

ジャクソンの母親と3人の子供たちはAEGライブを訴え、同社がマーレーを雇い監督していたことについて過失がありジャクソンの死に責任を負っていると主張している。マーレーは過失致死罪で有罪となっている。

マーレーは警察に対し、ジャクソンの不眠治療で手術用麻酔薬プロポフォールを使ったと供述している。検視局はそれが死因であると断定している。

AEGライブの弁護士らは、ジャクソンがマーレーを選び監督していた、そしてAEGライブの幹部らには同医師が危険な診療をしていることを知る術はなかったと主張している。

パリスの証言

パリスが自殺を図った日、AEGライブの弁護士らはメディアに対し、パリスの証言を求めないとは約束できないと語っていた。3月に、2日間にわたる尋問を十代のパリスに課すことが可能だったのは彼女が原告の一人だからだ。

しかしながらジャクソン家側の弁護士は火曜日、いまだ病院で治療中のためパリス本人が出廷するのは不可能だと判事に申し入れた。AEGライブがパリスの宣誓証言ビデオを用いることは可能であり、火曜日の午後にそのビデオを使用した。

陪審員らに最初に提示された映像は、ジャクソンが亡くなる2ヶ月前に解雇されたナニーのグレース・ルワランバについてのAEGライブの弁護士マーヴィン・プットナムによる質問に対し答えている場面だ。

「お父さんは彼女が好きではありませんでした。だから私たちから、その、遠ざけようとしていました。だから彼女に用事をたくさん頼んでいました」とパリスは答えている。

彼女の父親はルワランバの解雇には気が進まなかった、なぜなら「お父さんは悪いと思っていました。彼女はお金をあまり持っていなかったからです」とパリスは証言している。

「お父さんは、彼女はコソコソしているし、正直ではなくたくさんウソをつくと言っていました」とパリスは語っている。

パリスは、「本当に幼かった」ころに起きた出来事について説明した。彼女は、「本当にぞっとする」、そして「聞いている人もぞっとする」と前置きしてその話を始めた。

ルワランバは度々ある医師の寝室に忍び込み、「その医師は目を覚まし、そして彼女は医師のベッドに入るんです」とパリスは語った。「だからその、ぞっとすることなんです」

プットナムは、なぜジャクソンがルワランバを遠ざけなかったのかと尋ねた。「お父さんは何かを買わせに彼女をインドへ行かせました。でも彼女は戻ってきたんです」とパリスは答えた。

AEGライブの弁護団は、後々ジャクソン家側のカギとなる証人になると見られているルワランバについてのチェイスの証言に対抗するためにこのビデオを使用したようだ。

チェイスはルワランバについて、「彼女は子供たちが知る母親だったのです。彼女は子供たちが生まれた時にそこにいました」と述べている。

パリスの「ダディ・デイズ」

「パパにとてもかわいがられていたので、彼女はとてもショックを受け、途方にくれました」とチェイスは述べた。2013年6月4日にパリスが自殺を図るまで、チェイスは毎日パリスと一緒だった。「彼女は探しているんです。彼女とお父さんの間には愛が溢れていましたから。彼女は迷い、探しています。彼女は悲しんでいます」。

パリスが4年前に父親を失ったことにどう向き合っているのか、「家族全員」が心配しているとチェイスは述べた。

「女の子には父親が必要なんです。もし自分も同じ目に遭ったら、私もショックを受けるでしょう」。
パリスは「泣き崩れています。泣いています。彼女はお父さんのことを話しています」とチェイスは述べた。

「彼女は自分自身を見つけようとしています。自分が誰なのか見つけ出そうとしています。彼女をつなぎとめておくにはたくさんの愛と理解が必要なのです」とチェイスは述べた。

チェイスは陪審員に向かって、パリスにとってのとても幸せな一日について語った。2009年4月の彼女の11歳の誕生日のことである。彼女の父親は何でも好きな物を食べていいと子供たちに言った。それは子供たちとって珍しいことであった。チーズビザ、ホットウィング、バナナスプリットなどがメニューにあったとチェイスは語った。

ダイニングはマイケル・ジャクソンのポスターとアルバム・カバーで飾られ、彼の音楽が流れていた。「これが、11歳の誕生日に彼女が望んだことだったからです」とチェイスは述べた。「彼女は興奮していました」。

「頃合を見計らって、彼は子供たちを裏庭に連れて行きました。彼女のためのシルク・ドゥ・ソレイユ・スタイルのパフォーマンスのためです」とチェイスは述べた。竹馬に乗った男たち。大きな風船の中の女性。そしてサーカス・アクト。そういったもので「私は涙を流しました・・・こんな美しい愛情の表現は見たことがありませんでした」。

「パリスはそれ以来バースデーパーティーをやっていません。彼女が望んでいないのです」とチェイスは述べた。パリスは「パパと過ごした日々と誕生日のことを忘れていないのです」。

プリンスの証言

火曜日の法廷には16歳のプリンスもビデオで登場した。AEGライブの弁護団は、ジャクソンが6月の時点ではとても弱っていて、当時12歳のプリンスが階段を上るのを手伝っていたというチェイスの証言に対抗するために彼の証言ビデオの映像を再生した。

「リハーサルから帰ってきて、とても疲れていて、二階へ上がるのをあなたが手伝った、ということがありましたか?」とプットナムはプリンスに尋ねている。

「思い出せませんが、でもノーです」とプリンスは答えた。

「プリンスはずっと、12歳の時でも、可愛い息子でした。ダディーの可愛い息子です。プリンスはお父さんが自分を誇らしく思って欲しいと思っていました。マイケルはそう思っていました」とチェイスは述べた。

プリンスは「重大な責務を負っています。長男として、兄として、そしてきょうだいたちの父代わりとしての。成長しても女の子を好きになっても、そのことが彼にとって大きなことなのです。彼はお父さんがアドバイスをしてくれたらと思っています。彼にとって計り知れない影響を与えています」とチェイスは述べた。

ブランケットの「父親のようなダンス・ムーヴ」

父親が亡くなった時ブランケットは7歳だったが今では11歳。ホームスクールの5年生だ。「彼はもっと年上だと私は思っています。彼はとても頭がいいですから」とチェイスは語った。

「末っ子なので、守ってくれる兄姉がいます。でも、末っ子は最も影響を受けると私は思っています」とチェイスは証言した。「幼いので、パパのことをたくさん思い出します。彼とお父さんのとのことについて話し出すと止まりません」。

プリンス、パリスと同様、ブランケットも「戸惑っています」とチェイスは述べた。

チェイスによれば、彼は毎日おしゃれしなければならない。それは、カラバサスの自宅で家庭教師に勉強を教わっている時でもだ。だが、金曜日は好きなものを着ることができる。それは大抵、父親の音楽を基にしたショー、シルク・ドゥ・ソレイユの「Immortal」のTシャツだという。「彼はよくそれを着ています」。

「彼はお父さんのようなダンス・ムーヴをするんです」とチェイスは述べた。

私の「小さなクライアントたち」


マイケル・ジャクソンは直接会うことなくチェイスを家族のシェフとして雇った。プリンス、パリス、そしてブランケットの推薦だったとチェイスは証言した。

チェイスは「小さなクライアントたち」と、カムバック・コンサートの準備中に彼ら住んでいたロサンゼルスの借家の邸宅のキッチンで初めて会った。

面接では「食べ物からビデオゲームまで何でも」話をした、とチェイスは述べた。「子供たちは私が健康料理を知っているかどうか確かめたかったのです」。

「健康食なんだ。ビーフやポークは食べない。パパはアプリコットが好き。僕たちは果物が好き。ブランケットはマンゴーが好き」と子供たちはチェイスに言ったという。

「ここは私が必要としていた場所のように感じました。美しい始まりでした」とチェイスは述べた。

(その2へつづく)
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ