ジュディスの涙

ツアーのためにマイケル・ジャクソンが自ら選んだ歌手、ジュディス・ヒルが、テレビ番組「The Voice」で、マイケルの曲を歌うようアダム・レヴィーンに言われて泣き崩れた。今シーズンの同番組で最終の10人に残っていたジュディス・ヒル。彼女は「This Is It」でマイケルとデュエットすることになっていた。そして追悼式典でも歌っている。

マイケル・ジャクソンの死に対する感情はいまだ生々しく、コーチ役であるアダム・レヴィーンがマイケルの「The Way You Make Me Feel」を歌って欲しいと告げた時、彼女は泣き崩れた。

「とても光栄です」と涙を拭きながら彼女は言った。「マイケルにはずっと感謝しています。私が彼を利用しているとみんなが思ったら、とても傷つくんです」。

アダム・レヴィーンは彼女に、「君の人生の大きな場所を占める人に対する敬意を表するには勇気」が必要だと言った。しかしそれでも彼女は「これを歌うことに引き裂かれるような気持ちになるんです」と譲らなかった。

「僕たちは、君が幸運にもその一員となったものを称えているんだよ。そしてみんな君がうらやましいんだ」とアダム・レヴィーンは諭した。

そしてついにジュディス・ヒルは同意した。「いろいろな感情があるんです。私にとってどうしてこんなにつらいのかあなたに説明できるかわからないけど、克服して美しいものをやらなければなりませんね」

80年代風の肩パッドの入ったパンツスーツで身を包んだ彼女はジャズ風のバージョンでスタートし、エンディングはいかにもマイケル・スタイルのアップテンポなものであった。

「自分の人生に大きな場所を占めている人に対し敬意を表している君と、自分自身であろうとする君。どちらも素晴らしかったよ」と司会のカーソン・デイリーは彼女に言葉をかけ、彼女の思いはようやく晴れた。

マイケルの友人かつ大ファンであるアッシャーも、彼女の歌を聴いて似たようないろいろな思いが残ったとコメントした。「彼に会いたいね。とても会いたいよ」とアッシャーは述べた。

■Judith's Tears

Judith Hill, who Michael selected to sing with him on tour, broke down after being told by Adam Levine to perform a song by Michael on ‘The Voice,’ last Monday night. Hill, one of the final ten in the latest season of the singing show, was due to sing with Michael on his ‘This Is It’ tour – and even sang at his memorial service.

The emotions from his death still raw, she broke down when her coach Adam Levine told her he wanted to sing Michael’s, ‘The Way You Make Me Feel.’

“I’m so honoured,’ she said, wiping away tears. ‘I’m forever grateful to him, and it hurts when people think that I’m taking advantage of him.”

Adam told her that it takes “courage to pay tribute to somebody who was a huge part of your life,” but she still insisted, “I feel really torn about singing this.”

“We are celebrating something that you were lucky enough to be a part of and we all envy about you,” Adam assured her.

Finally, Judith agreed. “There are so many emotions with the whole thing – I don’t know if I can tell you why this is so hard for me – but I need to get past it and do something beautiful.”

Wearing a trouser suit with 80s-style shoulder pads, she started with a jazz-influenced version – before going onto a more typically Michael-style uptempo ending.

“That was equal parts you paying homage to somebody who was a big part of your life, and you being you, incredibly,” host Carson Daly told her, her emotions clear on her face.

Usher – also a friend and huge fan of Michael’s – said hearing it left him with similarly confused emotions to contain. “I miss him – I miss him so much,” Usher said.

Source: Daily Mail & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ