AEG裁判:AEGの弁護士はマイケルに敬意を払っていなかった!

AEGライブの親会社の弁護士が、不運に終わったカムバック・コンサートの契約にマイケル・ジャクソンが署名したその日、電子メールで彼のことを「変人」と呼んでいた。水曜日に陪審員に提示された電子メールで明らかとなった。

この電子メールは、AEGが専属医を雇ったことについて過失があるとしてAEGを訴えた裁判においてマイケル・ジャクソンの母親の弁護士ブライアン・パニッシュが提示したものだ。なお、この専属医は過失致死罪で有罪評決を受けている。

加えて本訴訟では、マイケル・ジャクソンの健康状態が悪化しているという兆候が見られたにもかかわらずAEGが無理をさせたと主張している。

一連の電子メールは2009年1月28日、マイケル・ジャクソンが亡くなるおよそ4ヶ月前に送付された。

そのやり取りの中で、AEGライブの弁護士ショーン・トレルは、彼の上司がマイケルの自宅へ出向き、その年のロンドンでのショー「This Is It」の契約をする予定だと記している。

開示された電子メールによると、AEG(Anschutz Entertainment Group)の弁護士テッド・フィクレはその2分後に返信し、「あの変人に会うということか?」と答えている。

「そのようです。どう言ったらいいかわかりませんが。確かに興味深いですが、気味が悪い感じもします」とトレルは返答している。彼は、マイケルとのただ一度のミーティングについての火曜日の証言の間、肯定的に証言している。

キャサリン・ジャクソンはこれらの電子メールが提示された際には法廷内の最前列に腰掛けていた。そして閉廷時には出口に向かう途中でトレルのそばを通り過ぎた。彼らは挨拶を交わすことはなかった。

「この電子メールはまさに実証しています。すなわち、AEGはマイケルに敬意を払っていなかったのです。彼はお金を稼ぐ車だったのです。コンサート・ビジネスを推進するための、そしてライブ・ネイションに追いつくための」とパニッシュは法廷外で述べた。ライブ・ネイションはAEGライブの最大のライバル企業である。

本裁判におけるAEGの弁護士ジェシカ・ステビンズ・ビーナは、これらの電子メールは単にAEGを困らせるために開示されたのだと述べた。「裁判が始まって4週間経ちますが、実在的証拠は何一つ聞いておりません」とAEG側の主任弁護士マーヴィン・S・プットナムは述べた。

プットナムは、キャサリン・ジャクソンの弁護士らは「話を脱線させAEGを特徴づける」ことでAEGライブを攻撃するという選択をしたと述べた。

パニッシュは閉廷後、AEGがマイケルを見下していたことに対する更なる証拠を示す予定だと述べた。

picture_101.jpeg ■ Lawyer's Email Disparages Michael!
A lawyer for the parent company of AEG Live LLC called Michael a “freak” on the day Michael signed a multimillion contract for a series of ill-fated comeback concerts, emails displayed for a jury on Wednesday showed.

The emails were presented by Brian Panish, an attorney for Michael’s mother, in her lawsuit claiming AEG was negligent in hiring the personal physician, who was later convicted of the involuntary manslaughter of Michael.

The lawsuit also says AEG pushed Michael too hard, despite signs that he was in poor health.

The emails were sent Jan. 28, 2009, roughly four months before Michael’s death.

In the exchange, AEG Live General Counsel Shawn Trell told his boss that he was going to Michael’s home, to sign contracts for the ‘This Is It’ shows later that year in London.

Ted Fikre, the general counsel for Anschutz Entertainment Group, wrote back in two minutes.

“Does this mean you get to meet the freak?” Fikre replied, according to the emails.

“Apparently. Not sure how I feel about that. Interesting for sure, but kind of creepy,” replied Trell, who had spoken approvingly, while testifying on Tuesday about his only meeting with Michael.

Katherine Jackson was seated in the front row of the courtroom when the emails were displayed, and she passed Trell on her way out at the end of the day. They did not acknowledge each other.

“That email just exemplifies that AEG had no respect for Mr. Jackson,” Panish said outside of court. “All he was a vehicle to make money and to promote their concert business to catch up to Live Nation.” Live Nation is the chief rival of AEG Live.

Jessica Stebbins Bina, a trial defense lawyer for AEG, said the emails were shown merely to embarrass AEG. “We are four weeks into trial and we have yet to hear one piece of substantive evidence,” said Marvin S. Putnam, an attorney who is leading AEG’s defense.

He said Katherine Jackson’s lawyers have instead opted to attack AEG Live with “side issues and characterizations.”

Panish said after court that he would show more evidence of AEG’s disdain for Michael.

Source: Washington Post & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ