マイケル・ジャクソンがホログラムでステージに帰ってくる

世界に「Thriller」をもたらした男、マイケル・ジャクソンが木曜日の夜にラスベガスのステージで蘇った・・・ホログラムという形で。これは相応しい形だったようである。

この瞬間は、シルク・ドゥ・ソレイユとエステートの共同事業である「Michael Jackson One」が初公開され、そのエンディングに向う中で訪れた。マイケル・ジャクソンの幻影は金色の魔法の砂から姿を現し、感動的な「Man In The Mirror」を披露した。

バックアップ・ダンサーたちが彼を囲んで一糸乱れぬ動きをする。リーダーに率いられる魚の群れの様だ。そんな中、ジャクソンのホログラムはステージを歩き回る。幽霊のジャクソンは一つのムーヴを見せ、片膝を落とし、そして立ち上がる。歌の終わりに消えていなくなる直前、彼はジャクソン・ファイヴの頃の姿に変わる。

ジャクソンがステージに登場した時、観る者は、満員のマンダレイ・ベイを満たすエネルギーの波のうねりを感じたに違いない。ここでは、他の大きな山場のような音量ではない。これはイリュージョンではなくキング・オブ・ポップ自身であるという儚い望みの綱が消えてしまわないようにと、オーディエンスが息をひそめているかのようだ。

これは、昨年のコーチェラ(訳注:コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバルのこと)でのトゥパック・シャクールのホログラムに対する反応と同じである。実際、似たような技術が使われている(技術的には、これはイリュージョンであり、ホログラムではない)。しかし、ジャクソンのホログラムは実際にダンスし、ステージの仲間たちと入り混じっていた。シャクールのホログラムは単に、10フィート離れた場所に立っていたスヌープ・ドッグに向けてラップを歌っただけである。

シャクールの幽霊での復活とホログラム・ツアーが取り沙汰されたが、噂の域を出ていない。ジェフ・ジャンポル(マイケル・ジャクソン・エステートのコンサルタントをしている)がシャクールの遺産の管理を引き継いだ直後、彼はそのようなシャクールのソロ・ツアーの可能性を重視することはなかったのである。

一方でこの幻影のジャクソンは、死後の膨大なパフォーマンス・マシンの一つに過ぎない。「The Michael Jackson Immortal World Tour」は最初のレグにおいて1億6000万ドルを稼ぎ出し、昨年の北米ツアーのトップだったのである。

ラスベガスを拠点とするこの新しいショーは、「Immortal」と同等の結果を出すには苦労するだろう。「Immortal」はバスケット・ボールのアリーナを満員にしたのに対し、このショーは1800席の会場なのだ。

しかし、もし昨晩のショーが何かの示唆だったのだとすれば、「One」は正しい方向に向っている。すなわち、この問題に近い者によれば、平均チケット価格が125ドルであるこのショーは、5月末までのすべての公演が売り切れているという。

キング・オブ・ポップは2012年には1億4500万ドルを稼ぎ出した。そして今、二つのシルク・ドゥ・ソレイユのショーとホログラムで、今年の数字も成層圏にとどまるはずである。

原文: http://www.forbes.com/sites/zackomalleygreenburg/2013/05/24/michael-jacksons-hologram-rocks-las-vegas-arena/
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ