エディ・ヴァン・ヘイレン、「Beat It」について語る

伝説的ロック・ギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンがピアーズ・モーガンのインタビューに応えた。そのくだけた会話の中で、彼はマイケル・ジャクソンのアルバム「Thriller」からのスマッシュ・ヒット、「Beat It」での自分の仕事について語った。

ヘイレンによると、当時(1982年)、彼のバンド、ヴァン・ヘイレンは、バンド以外のいかなる仕事もしないというポリシーがあったという。このため、そしてスタジオでの時間はたった20分という状況であったため、ヘイレンは無償での仕事を申し出た。今日まで彼は、彼を象徴するあのパフォーマンスからのいかなる報酬も受け取っていない。

ヘイレンは、「これは誓って本当なんだ。バンドのポリシーはさ、バンドの外ではやってはいけいないことになってたんだよ、当時はね。で、みんな遠くに出掛けていて、相談しようにも相手がいなかったのさ。神に誓って言うよ。もしこの黒人の子のレコードで僕がプレイするとして、誰が気付くものかって僕は思ったのさ」と語り、スタジオの笑いを誘った。

ヘイレンはこの他にもマイケルの思い出話を語り、「彼は優しいヤツだったよ、僕が知る中でね」と語った。

インタビュー映像はこちら

■Eddie Van Halen Talks About 'Beat It'
Over the weekend, legendary rock guitarist Eddie Van Halen was interviewed by Piers Morgan. During the informal chat, Halen spoke about his work on Michael’s smash hit ‘Beat It’ from the ‘Thriller’ album.

Halen said that at the time (1982), his band had a policy not to do any work outside of Van Halen. Due to this and the fact it was only 20 minutes in the studio, Halen offered his services for free. To this day he has never received any financial credit for his iconic performance.

To much laughter in the studio, Halen said, “Honest to God truth, the band’s policy was, you know, we don’t do things outside of the band at the time, and everybody was out of town so I had no one to ask. I swear to God, I figured who’s going to know if I play on this black kid’s record.”

Van Halen also shared his memory of Michael, saying, “He was a sweet guy is all I know.” Watch the complete interview:

Source: CNN & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ