エステート:ロブソンの申し立ては「常軌を逸しており、哀れですらある」

マイケル・ジャクソン・エステートの弁護士ハワード・ワイツマンが、ウェイド・ロブソンによる幼い頃にマイケルから虐待を受けたという申し立てについてコメントを発表した。

「ロブソン氏の訴えは常軌を逸しており、哀れですらあります。過去20年間に少なくとも二度、宣誓した上で証言している人物であり、数々のインタビューでマイケル・ジャクソンは彼に対してあるいは彼と一緒に不適切な行為は何もしていないと語っています。

マイケルが亡くなって4年近くになって、このような悲しむべきかつ信用できない主張がなされています。

私たちは、法廷がこの訴えの実体を見極めるであろうと自信を持っています」

TMZは、この件に近い者からの情報として、ウェイド・ロブソンは「記憶が抑圧」されており、それがこれまで債権者請求をしていなかった理由であると主張していると報じている。

■ Estate Lawyer: Robson's Allegations Are "Outrageous and Pathetic"
(8-5-2013) Lawyer Howard Weitzman, who represents the Estate of Michael Jackson, commented on the new allegations by Wade Robson claiming Michael molested him when he was a child:

"Mr. Robson's claim is outrageous and pathetic. This is a young man who has testified at least twice under oath over the past 20 years and said in numerous interviews that Michael Jackson never did anything inappropriate to him or with him.

Now, nearly 4 years after Michael has passed, this sad and less than credible claim has been made.

We are confident that the court will see this for what it is."

TMZ reports they received information from sources connected with the case that Wade Robson is claiming he suffered from "repressed memory" and that's why he didn't file his creditor's claim on time.

Source: MJFC / TMZ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ