AEG裁判:心臓専門医の証言、MJを救うにはマーレー不適格

マイケル・ジャクソン専属医は、自分で投与した強力な麻酔薬が引き起こした呼吸停止に気付いた際、不適切な処置をした、と心臓専門医が証言した。心臓専門医ダニエル・ウォールガランター医師(かつてイェールやUCLAで教鞭をとり、現在はサンタモニカで診療を行っている)は、マイケル・ジャクソンが危険な状態に陥った際、コンラッド・マーレーが、呼吸再開に注意を向けるよりも、心臓マッサージを行ったと証言した。

ダニエル・ウォールガランター医師は、コンラッド・マーレーの資格精査を行った末にこの結論に到達したと述べた。ウォールガランターによれば、マーレーは「This Is It」ツアーのマイケル・ジャクソン専属医として従事するための適切な経験を積んでいなかったという。マイケルに必要だったのは、マーレーのような心臓専門医ではなく、薬物中毒、薬物乱用、睡眠障害に長けた医師であった。ジャクソンには心疾患が見られなかったため、ジャクソンを診療するにあたってはマーレーという選択は不適切であったとウォールガランターは述べた。

ウォールガランターによれば、マイケル・ジャクソンに施したマーレーの処置は、「ミスマッチであり彼に必要なものではない」という。マーレーは「経験不足で処方する力量のない薬を不十分な環境で処方している限り、不適切で資格がない」とウォールガランターは述べた。

AEG側弁護士キャスリン・カーハンによる反対尋問で、ウォールガランターは、マーレーの経験と能力は評判がよく、有能な内科医だったようだと証言した。しかしながら、専属医にとのジャクソンからの要請と、ジャクソンとの仕事のために他の患者を放棄したいというマーレーの希望を考えれば、AEGは慎重になるべきだった、AEGはなぜ二人が一緒に仕事をしたがっているのか問いただすべきだったとウォールガランターは述べた。

さらにウォールガランターは、プロポフォールは病院設備内のみで、かつ麻酔専門医が投与すべきであると証言した。患者が呼吸停止を引き起こすリスクがあるからだ。マーレーのような心臓専門医は「プロポフォールを処方するのに相応しくない」と彼は述べた。

picture_102.jpeg ■ Cardiologist: Murray Was Unfit To Save MJ
(8-5-2013) A cardiologist testified Tuesday that Michael Jackson's doctor gave his patient incorrect treatment when he noticed the singer had stopped breathing as a result of a powerful anesthetic the physician had administered. Dr. Daniel Wohlgelernter, who has taught at Yale and UCLA and practices in Santa Monica, said that Conrad Murray used chest compressions when he saw that Michael Jackson was in distress, rather than focusing on getting his breathing restarted.

Dr. Daniel Wohlgelernter said he reached his conclusion after reviewing the credentials of Conrad Murray. He said Murray did not have the appropriate training to serve as Michael Jackson's physician for the "This Is It" tour. Instead of a cardiologist like Murray, the expert witness said that Michael needed a doctor who was trained in addiction medicine, substance abuse and sleep disorders. Since Jackson had no evidence of heart disease, Murray was not an appropriate choice to treat him, the witness said.

Wohlgelernter called Murray's treating of Michael Jackson “a mismatch. It’s not what he needs.” Wohlgelernter said Murray "was not fit and competent in so far as he administered medications he was not trained and credentialed to administer and administered them in a whole unsatisfactory environment."

Under cross-examination by AEG attorney Kathryn Cahan, Wohlgelernter testified that Murray’s training and credentials were reputable and he appeared to be a competent internal medicine physician. Wohlgelernter, however, said Jackson’s request for Murray to be his doctor and Murray’s desire to leave other patients behind to work with the singer should have caused AEG some concern. He said the company should have asked why the two men wanted to work with each other.

Wohlgelernter also testified that propofol should be given only in a hospital setting and administered by an anesthesiologist because there is a risk the patient can stop breathing. Cardiologists, like Murray, “are not competent to administer propofol,” he said.

Source: MJFC / LA Times / AP / Washington Post
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ