AEG裁判:ジャクソン家の弁護士、第一週を終えて自信を見せる

不法死亡訴訟の第一週を終えてロサンゼルスの裁判所を後にする時、マイケル・ジャクソンの家族の弁護士ブライアン・パニッシュは満足しているようであった。パニッシュ弁護士によれば、証言第一週は、AEGライブがコンラッド・マーレーを雇用するにあたり怠慢があり、マイケル・ジャクソンの死に対して責任があるということを示したという。

「まだ先は長いですが、(コンラッド・)マーレー医師が、彼が行うべく雇用された仕事を遂行するには不適格であったということをこの証拠が指示してくれることを願っていますし、そうなると信じています。彼は金に動かされていたし、深刻な金銭的苦境にあったのです」

裁判は月曜日まで行われない。月曜日には検視局の毒物専門家が、検視解剖時にマイケル・ジャクソンの体内から発見された薬物についての科学的証言を行うことになっている。検視解剖を行った医師がそれに続く予定。

■ Jackson Family Lawyer Confident After Testimony
(4-5-2013) Michael Jackson family lawyer Brian Panish seemed satisfied as he left the Los Angeles courthouse after the first week of the wrongful death trial. He said the first week of testimony showed AEG Live was lax in hiring Conrad Murray and liable in his death.

"There's a long way to go and we hope the evidence supports -- and we believe it does -- that Dr. [Conrad] Murray was unfit for the job he was hired to do. He was financially motivated and was in serious financial straits."

The trial is off until Monday, when the coroner's toxicologist will give scientific testimony about the drugs found in Michael Jackson's body after his autopsy. The doctor who conducted the autopsy will follow on the witness stand.

Source: MJFC / CNN / UPI
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ