AEG裁判:ディレオはマーレーにMJの血液検査を要請していた

木曜日の法廷で流されたボイスメールによると、マイケル・ジャクソンが亡くなる5日前、マネージャーだったフランク・ディレオがマーレーに電話をかけてマイケルの具合が悪いと告げ、血液検査をするよう要請していた。ディレオが残したこのメッセージは、コンラッド・マーレーの携帯電話から警察が回収したものだ。

「昨日の夜の彼のことについては知っていると思う。彼は病気だ。今日は土曜日、明日、僕は戻る。旅は中止する。えーと、君が必要だと思う・・・今日彼に君が血液検査を受けさせる必要があると思う。僕は、僕は、僕達は彼のやっていることを見なければ。それじゃあ、よろしく」

原告側弁護士ブライアン・パニッシュは法廷外で、昨日の夜のこととは、ジャクソンが、顔色が悪く震えているからリハーサルをやめて家に帰るようケニー・オルテガ(「This Is It」コンサートの監督)に言われた日に起きたことであると認めている。パニッシュ弁護士は、ディレオがこの事件のことを知っていたのなら、AEGの重役たちも知っていたはずだと示唆した。ディレオはこの電話の直前にAEGの重役と話をしていたと考えているとパニッシュ弁護士は述べた。

frank-dileo.jpg ■ DiLeo Asked Murray To Get Blood Tests On MJ
(3-5-2013) Five days before Michael Jackson died, his manager Frank DiLeo called Murray, told him Michael was sick, and implored him to have blood tests done, according to a voicemail played Thursday in court. The message left by DiLeo was retrieved by police from the cellphone of Conrad Murray.

"I'm sure you're aware he had an episode last night. He's sick. Today's Saturday, tomorrow I'm on my way back. I'm not gonna continue my trip. Uh, I think you need - I think you need to get a blood test on him today. I - I - we gotta see what he's doing. All right. Thank you."

Plaintiff's lawyer Brian Panish acknowledged outside court that the episode occurred on the day Jackson was told by Kenny Ortega, the director of his "This is It" concert, to go home from a rehearsal because he was pale and shivering. Panish suggested that if DiLeo was aware of the incident, so were AEG executives. He said he believed that DiLeo had spoken with an AEG executive just prior to making the phone call.

Source: MJFC / AP / ktvn / NBC40 / stuff.co.nz
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ