マイケル・ジャクソン盗撮に対する判決が覆る

(要旨)控訴裁判所は月曜、マイケル・ジャクソンとその弁護士を2003年のフライト中に無断でビデオ撮影していたことについて、すでに倒産したチャーター・ジェット会社に対して下されていた2000万ドル(約18億3000万円)の賠償命令を覆した。

第二区控訴裁判所は、賠償金額が高すぎること、そしてエクストラジェット社とオーナーのジェフリー・ボーアーは弁護士マーク・ゲラゴスとパット・ハリスに対してそれを支払う必要はないとする裁定を下した。

「賠償金は莫大で、良心に衝撃を与えるものである」と陪審団は判決に記した。

本件はゲラゴスらを勝訴とした第一審裁判官へ差し戻された。

陪審団は、ゲラゴスとハリスが賠償額を75万ドル(約6,900万円)へ減額することを受け入れなければ、再審となるだろうと語った。

ゲラゴスの弁護士ブライアン・カバテックは、ゲラゴスが再審を起こす可能性が高いと語った。
「裁判官は、被告の行為が非難に値するものであることについては認めています」とカバテックは言う。

ボーアーらは2年前、性的虐待容疑に対して出頭するためにフライト中のジャクソンとその弁護士を撮影したことに対して罪を認めている。後に陪審団は、ジャクソンにかけられた14の容疑について無罪の裁定を下した。

上級裁判所の判事スーサン・ブルゲラは、メディアへビデオを売るためにゲラゴスとハリスのプライバシーを侵害したとして、エクストラジェット社とボーアーに賠償金支払いを命じていた。

控訴裁判所は判決の中で、ビデオテープの内容は公にならなかったこと、そして弁護士と依頼人の機密特権を侵すような音声が含まれていないことを挙げ、ゲラゴスとハリスは深刻な損害は受けていないとした。

エクストラジェット社の弁護士ロイド・キルシュバームは判決を歓迎した。
「妥当な判決です。誰も見ていないテープは誰にも損害を与えていません」。

ゲラゴス、ハリスそしてマイケル・ジャクソンはプライバシーの侵害でボーアーとエクストラジェット社を2003年に提訴したが、ジャクソンは2005年の4月に原告から外れている。以下原文。

*注記) 裁判所名称について、日本と米カリフォルニア州のおおよその対比は以下の通り
Superior Court(上級裁判所、おおよそ郡ごとに設置) = 地方裁判所 (第一審、事実審)
Dstrict Court of Appeal(控訴裁判所、6箇所に設置) = 高等裁判所 (控訴審)
Supreme Court(最高裁判所) = 最高裁判所

■Court Overturns Award In Michael Jackson Taping
(11-1-2010) An appellate court on Monday overturned a $20 million award against a defunct charter jet company for secretly videotaping Michael Jackson and his attorneys during a 2003 flight.

The 2nd District Court of Appeal ruled the amount was excessive, and XtraJet and its owner Jeffrey Borer shouldn't have to pay it to attorneys Mark Geragos and Pat Harris.

"The amount awarded to the plaintiffs was so great that it shocks the conscience," the panel wrote in its ruling.

The case was sent back to the trial judge who last March found in favor of the two lawyers.

The panel said a new trial could occur on damages alone unless Geragos and Harris would share a reduced award of $750,000.

Brian Kabateck, an attorney representing Geragos, said he was leaning heavily toward a new trial.

"The judges acknowledge the behavior here was reprehensible," Kabateck said.

Borer and an associate pleaded guilty to conspiracy two years ago for videotaping Jackson and his lawyers as they flew to the pop star's surrender on molestation charges. A jury later acquitted Jackson of 14 charges in the case.

Superior Court Judge Soussan Bruguera ordered XtraJet and Borer to pay the amount for invading the privacy of Geragos and Harris in order to sell the video of Jackson to the media.

The appellate court noted in its ruling that Geragos and Harris weren't severely affected by the contents of the tape because it was never publicly released and didn't contain any audio that would violate attorney-client privilege.

XtraJet attorney Lloyd Kirschbaum was pleased with the ruling.

"It's outstanding," he said. "You can't be damaged by a tape no one has seen."

Geragos, Harris and Michael Jackson filed the invasion-of-privacy suit against Borer and XtraJet in November 2003. Jackson dropped out as a plaintiff in April 2005.

Source: MJFC / AP
関連記事