AEG裁判:ロス市警刑事の証言、マーレーの金銭問題がMJの死を招いた

コンラッド・マーレーの金銭問題がマイケル・ジャクソンの死の原因だ・・・この悲劇を捜査した刑事が法廷で語った。マイケル・ジャクソンの専属医は逼迫した金銭的苦境にあり、苦しむポップ・レジェンドの治療に対し約束された月15万ドルの報酬を得るためには何でもしただろう。ロサンゼルス市警刑事オーランド・マルティネスは証言した。

当初、マルティネス刑事は2009年6月25日の原因は事故か病気だと考えた。しかし、この心臓専門医が隠していた負債に気付き、新たな動機を見出した。すなわち、「利益」である。

マルティネス刑事は、マーレーがラスベガスに所有していた100万ポンド(約1億5000万円)の自宅が差し押さえられていること、住宅ローンの未払い、税金、養育費その他で数十万ポンドの負債を抱えていることに気がついた。加えて、彼の出費は月2700ドルの収入を上回っていた。そしてただ一人の患者・・・マイケル・ジャクソン・・・のために自分の診療所を閉鎖していた。マーレーの深刻な金銭的困窮から、「このうまい話のために」、マーレーが「収入を得るために必要なことをするために規則を破り、規則を曲げる」かもしれないと確信した、とマルティネス刑事は述べた。

当初、マイケル・ジャクソンの専属医として年500万ドル(約4億9000万円)を求めていたマーレーは、最終的には月15万ドル(約1500万円)で同意した。

「誰にとっても大金です。状況を観察し、彼が何をしたのか、どうやったのかということについて話を聞いて疑問が出てきました。金銭的側面に着目することが、金のためにマーレー医師は医師の倫理を軽視することも厭わないのだ、ということを考慮する上で重要だったかもしれません」とマルティネス刑事は証言した。

マイケル・ジャクソンの死の翌日に事情を聞いた時、マーレーはあるストーリーを作り上げて自分の行いを隠そうとしていた、とマルティネス刑事は語った。

「彼は正直でも率直でもありませんでした」とマルティネス刑事はロサンゼルス上級裁判所の陪審員に向けて語った。

マルティネスは法廷で、マイケル・ジャクソンの寝室で捜査員が発見した、プロポフォールのビンを含む様々な薬物の写真を提示した。

マルティネス刑事への尋問が木曜日に終了した後には、マイケル・ジャクソンの検視解剖を行った検視官補クリストファー・ロジャース医師が証言に呼ばれる予定である。金曜日には審理は予定されていない。

murray_2.jpg

■ Police Officer: Murray's Financial Trouble Led To MJ's Death - updated
(1-5-2013) Conrad Murray’s money problems were to blame for Michael Jackson’s death, the police officer who investigated the tragedy told a court. The star’s personal doctor was in such dire financial straits that he would do anything to get paid the $150,000 a month he was promised to treat the tormented pop legend, Los Angeles Police Detective Orlando Martinez testified.

At first, the officer thought the cause of the June 25, 2009 collapse was accidental or natural. But as he uncovered the debts the cardiologist had kept hidden he settled on a new motive – “financial gain.”

He found out the £1 million home that Murray owned in Las Vegas was being repossessed and the doctor owed hundreds of thousands of pounds in mortgage default payments, tax, child support and other debts. Additionally his expenses outweighed his income by $2,700 a month. And he had shut down his clinics to work for just one patient – Michael Jackson. Detective Martinez said Murray’s deep financial distress led him to believe that “for this easy money” he may “break the rules, bend the rules to do whatever he needed to get paid.

Murray, who initially asked AEG for $5 million to work for a year as Michael Jackson's personal physician, eventually agreed to take $150,000 a month.

"That's a lot of money for anyone," Martinez said. "Seeing the scene and talking to him about what he had done and how he did it raised questions. Focusing on the financial aspect may have been important for Dr. Murray's willingness to disregard his Hippocratic Oath for financial gain," he testified.

When Detective Martinez interviewed Murray following the death, he said the doctor made up a story to cover his own tracks.

“He was not being honest and forthright,” the officer told the jury at Los Angeles Superior Court.

Martinez also showed the court photographs of the various medications officers uncovered in Michael Jackson’s bedroom, including several vials of propofol.

Dr. Christopher Rogers, the deputy medical examiner who conducted the autopsy on Michael Jackson, will be called to testify after the questioning of Martinez concludes Thursday. No court is scheduled for Friday.

Source: MJFC / London Evening Standard / CNN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ