AEG裁判:緊急救命士の証言

火曜日に最初に呼ばれた証人は、2009年6月25日にマイケル・ジャクソンの家からの911コールを受けた、ロサンゼルス郡の緊急救命士、リチャード・セネフだった。彼はマイケル・ジャクソンの母親と3人の子供たちを利する証言をした。

セネフの証言内容は、大部分が、マーレー裁判の最初の証人として証言した内容の繰り返しであった。

「その患者は慢性疾患であるように私には思えました」とセネフは証言し、ジャクソンのあばら骨が見えたと述べた。「彼はとても青ざめていて痩せていました。私は、これはおそらくホスピスの患者だと思いました」。「彼は長く患った末の最後の段階にあるように見えました」。

「違う、違う、たった今こうなったんだ」とマーレーは言っていたとセネフは述べた。

ジャクソンは呼吸をしておらず、亡くなっているように見えたと彼は述べた。マイケル・ジャクソンはその時点で亡くなっているように見え、セネフはDNRがあるかどうか尋ねた。(訳注:do not resuscitate、蘇生措置拒否の意思表示があるかどうか尋ねたという意味)

またセネフは、点滴用のポールとバッグを患者のベッド脇で見たと説明した。

セネフによれば、コンラッド・マーレーは自分をマイケル・ジャクソンの「専属医」だと話したという。

「ベル・エア(ロサンゼルスの超高級住宅街)でさえ、専属医というのは普通ではありません」とセネフは証言した。

「専属医」という言葉は、AEG側弁護士にとって多少有利に働く可能性がある。AEG側はマーレーがマイケル・ジャクソンのコントロール下にあったことを示したいと考えているからだ。

マーレーは「取り乱している」ようであったが、「Thriller」歌手がプロポフォールを服用していたとは言わなかったとセネフは述べた。

「彼は青ざめていて、汗をかいていました。彼はとても忙しそうにしていました」とセネフはマーレーについて述べた。

CPRを使ってマイケル・ジャクソンを蘇生させるべく格闘している時、マーレーは正直ではなかったとセネフは証言した。マーレーはジャクソンの脱水症状の処置をしていたと話した。

セネフによれば、「『(心肺停止が)いつ起きたんですか?』」と尋ねたところ「たった今」とマーレーは答えたという。

しかしセネフは、ジャクソンの脈はなく、瞳孔は開いていて目は乾いていたと述べた。

「私達にとっては、たった今起きたというのはおかしな話でした。触ってみると彼の皮膚はとても冷たかったのです」とセネフは陪審員に対し述べた。

マイケル・ジャクソンを救急車に乗せた後、器具を回収するために2階の寝室へ戻ったときの事をセネフは説明した。その時、彼はマーレーが何かを取り上げて白いビニールのカバンに入れるのを見た。

「彼は立ちすくんでいるように見えました」とセネフは述べた。

マーレーは救命士らに、強力な麻酔薬プロポフォールを処方していたということは決して言わなかった。そしてジャクソン家の弁護士ブライアン・パニッシュはマーレーが証拠を隠そうとしていたことを示すものと見られている。

反対尋問では、マーレーは真実を話していないと思ったかどうかについて、AEGの弁護士がセネフに尋ねた。

「私はそのような話をしていません。そんなことは気に留めていません」と彼は答えた。

セネフの証言は、ジャクソンが亡くなった際の状況を陪審員に知らせるために重要だ。しかし、コンラッド・マーレーに対する裁判の法廷内を満たしていたドラマは再現されなかった。実際、時にはユーモアも交えられた。パニッシュ弁護士はセネフに、ネコを助けたことがあるかどうか尋ねたのだ。

「ネコを助けたことはありません」と、消防士でもある彼は冗談を言った。「通りで横たわっていたイヌを助けたことはあります」。

マイケル・ジャクソンをUCLAメディカルセンターの救命室に搬送した後で彼が応答した救急要請について、その皮肉なストーリーを彼は話した。彼の救急車はロサンゼルス西部の共同住宅へロシア人の高齢の女性を救助するために呼ばれたとセネフは語った。

「テレビでマイケル・ジャクソンが亡くなったというニュースを聞いてその女性は失神したのです」

彼女は倒れた際に頭部に軽症を負った。

「病院に搬送した時、彼女はかなり感情的でした」とセネフは語った。

マイケル・ジャクソンの死を最初に捜査したロサンゼルス市警察のオーランド・マルティネスが二人目の証人として呼ばれることになっている。

UCLAMedicalCenter.jpg

■ Paramedic Testifies
(30-4-2013) The first witness called Tuesday was Richard Senneff, one of the Los Angeles County paramedics who responded to the 911 call from Michael Jackson's home on June 25, 2009. He testified on behalf of Michael Jackson's mother and his three children.

Senneff mostly repeated the testimony he gave as one of the first witnesses in the Murray trial:

"The patient appeared to be chronically ill to me," Senneff testified, saying he could see Jackson's ribs. "He was very pale and underweight. I thought perhaps this was a hospice patient." "He looked like someone who was at the end stage of a long disease process."

"No, no, this just happened," Murray told him, Senneff said.

Jackson was not breathing and appeared to be dead, he said. Michael Jackson seemed so far gone, Senneff asked if there was a DNR - do not resuscitate - order.

Senneff also described seeing an IV pole and bag by the patient's bed.

Conrad Murray identified himself to Senneff as Michael Jackson's "personal physician,” according to the paramedic.

"Even for Bel Air, a personal physician is unusual," Senneff testified.

The words “personal physician” could play slightly in favor of AEG defense lawyers, who want to show that Murray was under Michael Jackson’s control.

Murray appeared "frantic" but never mentioned that the "Thriller" singer had taken the anesthetic propofol, Senneff said.

"He was pale, he was sweating, he was very busy," Senneff said of Murray.

Senneff testified that Murray was less than truthful as paramedics struggled to revive Michael Jackson with CPR. Murray said he had been treating Jackson for dehydration.

" `When did this (cardiac arrest) happen?’ " Senneff said he asked. Murray, according to Senneff, replied: "Just now."

But Senneff said Jackson had no pulse, his pupils were fully dilated and his eyes were dry.

"To us it didn't make sense that it had just happened,” the paramedic told jurors. “His skin was very cool to the touch."

Senneff also described how he returned to the upstairs bedroom to retrieve some equipment after they had loaded Michael Jackson into the ambulance. That’s where he spotted Murray picking up items putting them into a white plastic bag.

"He looked like a deer in the headlights," Senneff said.

Murray never told the EMTs that he had administered the powerful anesthetic propofol, and family lawyer Brian Panish is expected to show that the doctor was trying to hide that evidence.

An AEG lawyer asked Senneff during cross-examination if he thought Murray was not telling him the truth.

"I don't even go there," he replied. "I'm not worried about that."

Senneff's testimony is important to informing the jury about the circumstances of Jackson's death, but the drama that filled the courtroom during the trial against Conrad Murray was not duplicated. In fact, humor sometimes emerged. Panish even asked Senneff whether he had ever rescued a cat.

"I have not rescued a cat," Senneff, who is also a firefighter, joked. "I rescued a dog that was lying in the street."

He also shared the ironic story of the next emergency he responded to after leaving Michael Jackson at the UCLA Medical Center's emergency room. His ambulance was called to a west Los Angeles apartment to help an elderly Russian woman, Senneff said.

"When she heard the news on TV that Michael Jackson had died, she fainted."

She suffered a minor head injury in her fall.

"She was just deeply emotional when we took her to the hospital," Senneff said.

Los Angeles Police Detective Orlando Martinez, who initially investigated Michael Jackson's death, is scheduled to be the second witness.

Source: MJFC / CNN / Reuters / NY Post
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ