ラトーヤ、タップを踊るMJが聞こえる

家の中で「誰かがタップダンス」をしている音が聞こえるとラトーヤが打ち明けている。「マイケルは昔、日曜日には2時間タップを踊っていた」ということも明かした。

エンシノの家で起きている驚くべきミステリアスな出来事を明かしたというラトーヤの母親のボディガードの話を聞いて、彼女は亡き弟マイケル・ジャクソンが家族の家を訪れていると確信している。

「ボディガードが言うには、それはよく起きているのだそうです。犬が毎晩咆えるので、ある窓を見上げていると・・・。私は言いました。『そこはマイケルの寝室があったところよ。彼がいたところよ』。犬は毎晩ある時間になると咆えるんです。咆え続けてそれをじっと見ているんです・・・そして彼(ボディガード)によると、家のほかの場所では、誰かがタップを踊っているのが聞こえるのだそうです。マイケルは毎週日曜日には2時間ぶっ通しでタップを踊っていました。アドレナリンを保つためにそうしていたんです」

彼女自身もそのタップの音を聞き、そしてボディガードと一緒に調べに行ったのだという。

「私たちは上の階に上がっていきました・・・そしてちょうどタップの音が・・・。犬は彼の部屋に、あの窓に向って咆えている、毎晩同じ時間・・・犬はあれがマイケルの部屋だとは知りません。セキュリティーも知りません・・・奇妙な話です。

何が奇妙かって、周囲に何か激しい感じを受けるんです。不思議です。何も見えません。だけど存在を感じるんです・・・そこなんです。まちがいなくそこなんです。だから不思議なんです」

またラトーヤは、その気味の悪いニュースを聞いた後、弟のことを調査してくれるよう人気のトップ霊能者に連絡をとったことを明かした。

「『もしマイケルが話したいのなら、何か私に話すことがあるのなら、知りたいんです』みたいに言ったのです。霊能者は私が来ることを知りませんでした。私だとは知りませんでした・・・私は変装しメガネをかけていました。だから彼は私だとは知らなかったんです。そして霊能者は私に話し始めました。霊能者にはわかっていたのです・・・自分や自分の弟しか知らない個人的なことを話されたら、『OK、これは本物だ!』と言わざるを得ませんよね」

弟は医療事故で死んだのではないと断言した後、その霊能者A・J・バレラと会って以来、彼女は心に平穏を見出した。

「彼は、何が起きたのかを知りたがっている私のことを理解していました。こう言ったんです。『マイケルは、あなたに休んで欲しいし、自分の人生を進んで欲しいと思っていますよ』って」

ラトーヤは自身の心霊経験をリアリティ・ショー「Life with La Toya」(毎週土曜午後10:30分、OWN)で実証している。

La Toya Hears MJ's Presence Tap Dancing
Source: MJFC / NY Daily News / Good Day New York / Examiner
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ