パワー・オブ・ラブ・ガーラ

日曜日(4/14)のマイケル・ケインとクインシー・ジョーンズの80歳の誕生日パーティーで、マイケル・ジャクソンが有名な曲「Man In The Mirror」と「We Are The World」をカバーされるという栄誉を得た。彼はパワー・オブ・ラブについてあれほど熱心であったのだから、彼が称えられたのは相応しいものだったように思える。

サー・マイケル・ケインは、ラスベガスのストリップを挟んでサーカス・サーカス(ラスベガスの有名ホテル)の向い側にあったリトル・チャペル・オン・ザ・グリーン(キャンドルライト・ウェディング・チャペルのことをケインはこう呼んでいた)で40年前に妻シャキーラと結婚式を挙げた。その外壁をじっと眺め、そしてその小さなチャペルで結婚式を挙げた著名人たちに感動した。「今ではその人たちはみんな離婚したけどね」とケインはおどけた。

金曜日の午後、ケインはクリーブランド・クリニック・ルー・ルーヴォ脳健康センターへ向う途中でサーカス・サーカスのそばを通った。彼は東の方を見て言った。「チャペルは無くなってしまったけど、僕らの結婚はなんとか続いている・・・・」

彼がシャキーラとの結婚40周年を祝っているのか、クインシー・ジョーンズとの友情を祝っているのか、あるいは、今年のキープ・メモリー・アライブ・"パワー・オブ・ラブ"・チャリティーガーラのために土曜日の夜にMGMグランド・ガーデン・アリーナに現れた超有名アーティストらと共有する愛の力を祝っているのか。いずれにしても、ケインが常にパワー・オブ・ラブを意識しているのは本当だ。

この夜はケインとジョーンズの二人(二人は数分違いで誕生したが、ケインはロンドン、ジョーンズはシカゴと別々の大陸であった)の80歳の誕生日のお祝いであった。そして、ルーヴォ・センターの資金集めという目的もあった。今回が17回目のガーラで、クリーブランド・クリニックの設立者ラリー・ルーヴォが1994年にシーザーズ・パレスのフォーラム・ショップスにあるレストラン・スパーゴで開催した。脳疾患と戦うためのルーヴォ・センターの拡張と運営のために集められた資金は1億ドルを超えている。

今年のショーの収入総計は公表されていないが、80888へ「MEMORY」とメールを送ればまだ受け付けている。このショーを2時間にまとめたものが次の土曜日の夜8時にCox Cable Channel 14(Vegas TV)で放映される。

出席したおよそ1600人のゲストがガーラへの参加料として最低1500ドルを支払った。このライブ・ショーが得たベースラインは240万ドル、そして最終的な数字が発表されれば総額はもっと多くなるだろう。過去には一晩の総計が2000万ドルを上回ったことがある。

恒例のことだが、グランド・ガーデン・アリーナはラスベガスでの最大のイベントの一つに向けて惜しみなく飾り付けを行った。8つの大きなスクリーンにはオーディエンスに向けて活発なステージの様子が映し出された。パフォーマーたちの両側には長く曲がった階段が配置され、ステージの両サイドをつないでいる。巨大な赤く縁取られた「Power Of Love」のロゴがこの夜の表彰者のイメージを映し、真ん中に吊るされている。

ストロボで光り輝くたくさんの天球が天井に吊るされ、食事をするゲストに向けてビデオが両人のキャリアを映し出す。「The Rat Pack(フランク・シナトラ一家)」のヴィンテージ映像(ジョーンズがフランク・シナトラとレコーディングしたことは有名)とマイケルのクラシック・ビデオが余興として流された。

ケインの偉大な映画やジョーンズのスーパースターたちとの仕事「We Are The World」のレコーディング・セッションの映像も当然ながらゲストに向けて流された。

ライブ・パフォーマンスはスーパースターたちの至福の共演だ。その代表は、二人のレジェンドに「Happy Birthday」を歌い、「We Are The World」でショーを締めくくったスティーヴィー・ワンダーである。

著名なエンタテイナーたちのパフォーマンスとしては、マイケルの「Human Nature」の説得力あるカバーを歌ったクリス・タッカー。次が、スヌープ・ライオン(かつてスヌープ・ドッグと名乗っていた)、ジョーディン・スパークス、ジェイソン・デルーロ、サイーダ・ギャレットが率いたマイケルへのオールスター・トリビュートだ。グレッグ・フィリンゲインズ(多くのスーパースター・アーティストと共に、マイケルともレコーディングしツアーにも出た)が率いるバンドがマイケルのヒット曲のメドレー、「Man in the Mirror」を繰り出し、ハイライトとなった。



最後に登場したスターは、ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムで、彼が「We Are the World」を歌い始め、そしてこの曲はオールスター・キャスト!で歌われた。



このパワー・オブ・ラブ・ガーラは、ラスベガス市との共同スポンサーで筆頭のビル・エドワーズ・プレゼンツ社、公式スポンサーのハーマン社とプレイグラウンド・セッションズ社、そしてクリーブランド・クリニック・ルー・ルーヴォ脳健康センターの資金調達を行うキープ・メモリー・アライブによって制作された。ジョーンズとケインのバースデー祝典は、エンタテイメントの超人二人の生涯の功績を称えるとともに、臨床プログラムや介護支援、そしてアルツハイマーやハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、パーキンソン病といった神経変性疾患に対する新しい処置の試験のための資金を集めた。クリーブランド・クリニックの脳疾患に対する戦いについてはこちらをクリック。

神経認知機能疾患の患者と家族のために高度で最新の治療を供給することをその使命とするキープ・メモリー・アライブは、クリーブランド・クリニック・ルー・ルーヴォ脳健康センターを支援して世間の関心と資金を集める活動を行っている。キープ・メモリー・アライブ、およびアルツハイマーやハンチントン病、パーキンソン病といった記憶障害に対する彼らの戦いを支援することで、私たちは、ラスベガスにおけるより良い最新治療に向けての進歩を確かなものとすることができるのである。さらに詳しくはこちらをクリック。

原文: ■ Power Of Love Gala
ソース: Las Vegas Sun & MJWN, with thanks to Paula
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ