LAの男がMJの医療記録を売ろうとしている

ロサンゼルスの男が、マイケル・ジャクソンが1984年のペプシ・コマーシャル撮影中に深刻な火傷を負った後の医療処置を記録した文書を再び売ろうとしている。

この文書は、51歳の救急車運転手ブライアン・マクダニエルが売ろうとして方々を歩き回っている。彼は12年前、カルバー・シティ・パークのごみ収集箱の近くにあった茶封筒の中からこれらを発見したと主張している。あるインタビューでマクダニエルは、当時不動産業のセールスマンとして働いていたが、リサイクル料金を得るために缶やビン収集もしていたと語っている。

マクダニエルが売ろうとしている文書は、カルバー・シティ・パークから1マイル(1.6キロ)ほどのところにあるブロットマン・メディカルセンターが発行したものである。1984年1月に火傷を負った後、彼は同病院で治療を受けた。同病院の形成外科チーフがスティーブン・ホフリン医師である。

The Smoking Gunに提供された同文書のコピーには、ホフマン医師による3ページにわたる退院時要約と病院記録が含まれており、マイケルの頭皮の傷が写った7枚のポラロイド写真が添付されている。その他の文書の中には、マイケルから病院側へ送られた、医療記録を彼の弁護士に公表することを承認する署名入り手紙が含まれている。

昨年すでに、マクダニエルは全ての文書をオンライン・オークション業者を通じて売却しようとしていた。しかし、ファンとエステートの反発を受け、その業者がオークションをキャンセルしていた。当時、プリスティーン・オークションはこの記録が10万ドルから50万ドルの値がつくと見積もっていた。

マクダニエルは、この文書を発見した後に売りに出したが昨年まで売れずにいたと主張している。ごみ収集箱の話はでっち上げで、救急車の仕事を通じて手に入れたのではないかとするレポーターの見解をマクダニエルは認めなかった。自分はマイケル・ジャクソンの音楽で育ったとした上で、マクダニエルは、「彼が亡くなった時、私は(文書を)表沙汰にして持ち出す前に、家族を悲しませようと決めたのです」と語っている。

■L.A. Man Shops MJ Medical Records
(5-4-2013) A man from Los Angeles (USA) is once again seeking to sell records documenting Michael Jackson's medical treatment after he was severely burned during the 1984 filming of a Pepsi commercial.

The documents are being peddled by Brian McDaniel, a 51-year-old ambulance driver who claims that he found the material in a manila envelope near a dumpster in a Culver City park around 12 years ago. In an interview, McDaniel said that at the time of the purported discovery he worked as a real estate salesman, though he also collected cans and bottles for the recycling fees. Hence his proximity to the dumpster.

The documents McDaniel is seeking to sell were generated at Brotman Medical Center, which is about a mile from the Culver City park. After Michael was burned in January 1984, he was treated at the hospital, whose chief of plastic surgery was Dr. Steven Hoefflin.

The records - copies of which he provided to The Smoking Gun - include a three-page discharge summary prepared by Dr. Hoefflin and hospital notes to which are attached seven Polaroids showing the injury to Michael’s scalp. Other documents include a signed letter from Michael to the hospital authorizing the release of his medical records to his lawyers.

Last year, McDaniel already sought to sell the documents via an online auction house, but the firm canceled the auction in the face of objections from fans and the MJ Estate. At the time, Pristine Auction estimated that the records could sell for $100,000 - 500,000.

After finding the documents, McDaniel claimed, he put them in a safe, where they remained until last year. McDaniel rejected a reporter’s theory that the dumpster story was a fabrication, and that he had actually recently obtained the documents, perhaps in connection with his ambulance work. Noting that he grew up with Michael Jackson’s music, McDaniel said that “when he passed, I decided to let the family grieve before I surfaced and brought [the documents] up.”

Source: MJFC / The Smoking Gun
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ