AEG裁判、テレビカメラは不許可

マイケル・ジャクソンの死をめぐる民事訴訟の陪審員選定第一週は、様々な理由により候補者を除外していくという4日間を経て、60人の候補者を選抜して終了した。

陪審員選定は月曜日と火曜日も続けられるが、100人の候補者を確認した時点で終了する。水曜日には、双方の弁護士らによる予備尋問が始まり、正当な理由あるいは法廷ルールの下で許されるjury strike(陪審員として認める認めないを双方が主張し合う過程)に基づき、候補者を除外していくことになる。それまでは、弁護士らは候補者らが回答した24ページの質問票の精査をすることになる。この過程は一週間程度続くと見られ、4月16日か17日ころに終了する。陪審員候補者はすでに、この事件やマイケル・ジャクソンの家族についての知識、セレブや数百万ドルもの賠償金判決への見方などを査定する質問表に答えている。陪審員が着席した後、判事が双方の弁護士に冒頭陳述させ、最初の証人を呼ぶまでにどの程度かかるかは流動的だ。判事によっては、選ばれた陪審員らに対し、個人の仕事のために一日程度猶予する場合もある。

ロサンゼルス上級裁判所のイヴェット・パラスエロス判事は金曜日、この不法死亡訴訟においてはテレビ中継はされないとの裁定を下した。CNNおよびNBCユニバーサルが、ロサンゼルスのダウンタウンにある裁判所で開かれる本裁判の中継許可の申請を行っていた。カリフォルニア州法は、考慮すべき19の要因に基づいた裁判長の裁量に決定を委ねている。パラスエロス判事は、どの要因に基づいてこの決定下したのかについては述べていない。AEGライブの弁護士は、裁判のテレビ中継は裁判所に集まったMJファンたちの間に狂乱状態を引き起こし、証人たちに脅威となる恐れがあると主張していた。

テレビ中継抜きで、限られた少数のジャーナリストらが狭い法廷内に着席することになる。

juryboxjpg.jpg ■ Judge: No Cameras In AEG Live Trial
(6-4-2013) The first week of jury selection in the civil case over Michael Jackson's death has ended with 60 potential jurors selected after four days of eliminating jurors for hardship reasons.

Jury selection will continue Monday and Tuesday or until about 100 potential jurors are identified. On Wednesday, the lawyers will start the voir dire process of eliminating jurors based on cause or their jury strikes allowed under court rules. Until then, the lawyers are studying the answers to a 24-page questionnaire the potential jurors completed. The process is expected to continue for another week, perhaps ending around April 16 or 17. Potential jurors have filled out a questionnaire that assesses their knowledge of the case, Michael Jackson's family and their views on celebrities and multimillion dollar verdicts. It is unclear how soon after a jury is seated that the judge will have lawyers deliver opening statements and call the first witness. Some judges allow the jury a day or so to take care of personal business after being selected.

On Friday, Los Angeles County Superior Court Judge Yvette Palazuelos ruled that the wrongful death trial will not be televised. CNN and NBC Universal Television Group had filed a motion asking that they be allowed to televise the trial, which is being held in a downtown Los Angeles courtroom. California law leaves the decision to the trial judge's discretion based on 19 factors to be considered. Palazuelos did not say in her ruling what factors swayed her decision. AEG Live's lawyer had argued televising the trial could create a frenzy among MJ fans at the courthouse that could pose a threat to witnesses.

Without cameras, only a handful of journalists will have seats in the small courtroom.

Source: MJFC / 9News / AP / KTLA5 / CNN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ