ガラクタをMJのシルエットに変えるアーティスト

オランダ人アーティスト、ディート・ウィーフマンにとっては、日常的なものが注視すべきものだ。30年以上もの間、彼はゴミや目に付いたものを、ライトと影を通して美しい彫刻にしてきた。このインスピレーションは、ある日散らかった海岸を歩いていた時にふと浮かんだものだった。それ以来、フィーフマンは物体を芸術作品に作り変え、社会の問題に挑戦し、目を欺いてきた。

ある時は、それはミケランジェロのダビデ像を描くために使われた家の中のありふれたものだったり(David Deformed、1983年)、またある時は、社会の中の富の分散を示すお金だったりする。ファルネーゼ・アトラスの影彫刻(Atlas Off Balance)を作るのにコインを使っているのだ。そして、「Shadow Dancing」と題された2008年の作品群の一つは、ダンスをしているマイケル・ジャクソンのシルエットだ。

それらの彫刻がどのように見られたとしても、一つだけはっきりしていることがある。フィーフマンはゴミを美しくする、ということだ。

sadow_dancing_art.jpg

■ Artist Turns Trash Into MJ Silhouette
(29-3-2013) For Dutch artist Diet Wiegman everyday objects have been something to behold. For over 30 years he’s turned trash and other found materials into beautiful sculptures through light and shadow. The inspiration came one day from a walk along a trash-laden shoreline. Since then, Wiegman has been turning objects into works of art, challenging social issues and tricking the eye.

Sometimes it’s common household trash used to portray Michelangelo’s David (David Deformed, 1983). Other times it’s money making a commentary on the dispersing of wealth in society by using coins to form a shadow sculpture of Farnese Atlas (Atlas Off Balance). And one of his artworks from 2008 entitled 'Shadow Dancing' shows the silhouette of Michael Jackson dancing.

No matter how you look at these sculptures, one thing is clear, Wiegman has made trash beautiful.

Source: MJFC / ABC
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ