シルクのCEO、「One」について語る

ラスベガス・サンのジャーナリスト、ロビン・リーチが行ったインタビューで、シルク・ドゥ・ソレイユの社長CEOのダニエル・ラマールが新しいショー「Michael Jackson One」について語っている。

ロビン・リーチ: ショー・ビジネスでリスクを負うという点で見ると、今回の新しいショーはシルクのラスベガスの7~8作品ではどのくらいに位置していますか?マンダレイ・ベイはこの劇場を、観客の前後左右上下でショーが行われる劇場にしましたが。

ダニエル・ラマール: 私たちがやるどの新しいショーも、甘く見ようと思ってシルクを見るのではありません。いつも大きな賭けなんです。いつもチャレンジなんですよ。ご存知の通り、劇場に足を踏み入れた時にマジックが働きます。だから(創設者の)ギー(・ラリベルテ)と私は、そのショーを本物のホームの中で見るのが待ち遠しいのです。私たちはモントリオールでリハーサルを重ねてきました。何が起きるのか、よい感触を得ています。しかしマジックは、プレビューとプレミア前の数週間で現れるようになります。今後数週間は、劇場に座ってリハーサルを見ているギーを何度も見ることになるでしょう。どの新しいショーでも、人々の期待はだんだん高くなるのです。そして私たちにとってのリスクもどんどん大きくなる。控えめにしているのはこういうわけなのです。

R.L.: このショーが、これまで最大かつ最高のものになると思いますか?「カー」や「オー」を越えますか?

D.L.: ジョン・ブランカであれば、No.1のショーになると言うでしょう。でも私たちシルクはすべてのショーを愛しています。すべてのショーにとても満足しています。タクシーの運転手の皆さんにどのショーが好きかと聞くと、5つか、6つかあるいは7つの答えが返ってくるでしょう。誰に聞くかによるのです。みんながそれぞれの考えがあります。このショーが確立することを私は望んでいます。マンダレイ・ベイのショーへのサポートがありますから、成功できるだろうと私は考えています。

R.L.: 投資額が公表されていませんが、今後数週間でもっと費用がかかるからということですね?

D.L.: その通りです。

R.L.: でも1億ドルは越えるのでは?

D.L.: 今すぐにお答えするのは難しいですね。環境が違いますから。まず初めに、私たちはすでに良い劇場であったところに足を踏み入れました。だから、シルク・ドゥ・ソレイユの標準の劇場に転換するのは簡単でした。この劇場でマイケル・ジャクソンの音楽を聴くのを本当に楽しみにしています。ご存知の通り、サウンド・システムの技術は日々改良されていますから。最新の、最新技術のサウンド・システムになります。つまり、皆さんはマイケルの音楽を違う方法で聴くことになる、と私は思っています。

R.L.: これは答えにくい質問ではないつもりですが、でもまじめなビジネスの質問です。 どのビジネスでも壁にぶつかる可能性があります。劇場ビジネスは、現在のところラスベガスでは下降気味です。ラスベガスを訪れた人がどれだけお金を使えるかということについて、人口統計学上の収入の問題が存在していますが、このショーと同じくらい大掛かりなショーを立ち上げるとしたら、ビジネスマンとしてあなたはどのようにこの問題に対処しますか?

D.L.: まずやらなくてはならないことは、当たり前とは思わないということです。ラスベガスで最初のショーをやるというつもりです。だから、マイケルやシルク・ドゥ・ソレイユのブランドが確実だとは思っていません。このショーはうまくいくと人々を納得させなければならないのです。最終的にこのショーを成功させるのは私たちではありません。口コミなんです。今まさに「Zarkana」に取り組んでいます。「Zarkana」の口コミはとてもポジティブなものです。何の前触れもなく、私たちは新しいショーをやるのです。だから結局、皆さんなんです。皆さんが判断するのです。この町では、影響力の大きな人がたくさんいます。コンシェルジュやタクシー運転手、カジノの従業員といった方々です。こういった影響力の大きな方たちにショーを見に来てくれるよう多大な労力を使っていこうとしているのはこういうわけなのです。彼らのコメントを聞くことに多大な時間を割いています。直すべきところがあれば直します。・・・・

R.L.: 人は常により多くを求めますし、私たちメディアの人間はより多くを知りたがります。アクロバットの危険の増加についてはどうするのでしょうか?アクロバットの皆さんはケガや命の危険をかけています・・・もっと驚くようなことをするために、どのように針を突き立てるのでしょうか?口コミのために。

D.L.: 仰ることはわかります。まず初めに、私たちは細心の注意を払わなければなりません。アーティストたちに余計な危険を加えるようないかなる事もやるつもりはありません。私たちの安全基準はとても厳格です。たぶん業界一でしょう。そうは言っても、アクロバットたちがすることは本質的に危険が伴います。でも同時に、人々を次のレベルに連れて行くのは将来だとも考えていません。リスクを冒すという点で誰かがよりクレージーなことをやっているからです。

ショーはより洗練された手法で指揮されるべきと私たちは考えています。新しい技術の導入の仕方とか、衣装デザインに対する見方とかいったことです。私たちのショーでは、もっともっとたくさんのダンス、よりたくさんのテクノロジーを見ることができます。アクロバットの演技を、音楽とダンスとそしてそのほかの要素ともっともっと融合させなければなりません。ギーは今、クリエーターの新しいチームの中にいます。クリエイティブな内容という点で、次のレベルに向かっていることを、そして私たちが作り上げているショーに新しい風を加えるということをより確実にするために、若いクリエーターたちをたくさん集めているのです。

mjone_20130308082925.jpg 原文: ■ Cirque Du Soleil CEO Talks About 'One'
Source: MJFC / Las Vegas Sun
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ