AEG訴訟は公判へ

上級裁イヴェット・パラスエロス判事は、コンサート・プロモーターのAEGライブに対するキャサリン・ジャクソンの民事訴訟について、一つを除いて全て棄却した。パラスエロス判事の裁定は、キャサリン・ジャクソンは、AEGライブが元心臓専門医コンラッド・マーレーを不注意にも雇用し、監督を怠ったという主張が公判に付されるということを意味している。AEGライブにはマーレーの行為に責任があり、マイケルを適切にケアするという義務を怠った、という主張は退けられた。

AEGライブは、ロンドンでの「This Is It」コンサートのプロモーターであった。2009年6月、ショーの最終準備中だったマイケル・ジャクソンは、寝室でマーレーから手術用麻酔薬プロポフォールを致死量投与された後に亡くなった。

公判は4月2日に開始されることが決まっている。

■ AEG Live Suit Goes To Trial
(2-3-2013) Superior Court Judge Yvette Palazuelos has dismissed all but one count in a civil lawsuit by Michael's mother Katherine Jackson against concert promoter AEG Live. Palazuelos' ruling means that Katherine Jackson will have a trial on her claim that AEG Live negligently hired and supervised former cardiologist Conrad Murray. However, the ruling dismisses claims that AEG Live could be held liable for Murray's conduct and breached its duty to properly care for Michael.

AEG Live was promoting the 'This Is It' concerts in London (UK). Michael died in June 2009 while in final preparations for the shows after Murray administered a lethal dose of the anesthetic propofol in the entertainer's bedroom.

The trial is scheduled to begin April 2.

Source: MJFC / Fox News
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ