AEGライブの訴訟、判事の意思は継続へ傾く

上級裁判所イヴェット・パラスエロス判事が、AEGライブ(「This Is It」コンサートのプロモーター)がコンラッド・マーレー医師を雇用し監督していたことについて過失があるかどうか、陪審員が判断を下すべきだという暫定の裁定を月曜日に下した。この裁定が有効とされると、マイケル・ジャクソンの母キャサリン・ジャクソンによる裁判が進展することになる。しかしながらパラスエロス判事の裁定は、キャサリン・ジャクソンの主張の一部を除外している。

この裁定が最終的なものとされるのがいつなのかは明らかにされていない。パラスエロス判事は月曜日に、2時間にわたって本件についての議論を聞いたが考えが変わったかどうかは示さなかった。

この裁判は、コンラッド・マーレー医師(マイケル・ジャクソンの死について過失致死罪で有罪とされ服役中)の調査をAEGが適切に行ったかどうかに重点が置かれている。さらに、ロンドンでのコンサートの準備を行っているマイケル・ジャクソンをAEGが支配下に置いていたかどうかという点も重視されている。

キャサリン・ジャクソンの弁護士ケヴィン・ボイルは、最終決定を待ちたいとして今回の審理後はコメントを拒んでいる。ボイル弁護士はパラスエロス判事に対し、AEGはマーレーに対する義理について、彼がマイケル・ジャクソンのケアをすることと、彼のケアのために月15万ドル支払うことになっていた取り決めとの間に区別を設けたと述べた。マイケル・ジャクソンは、マーレーの契約が署名される前に亡くなった。そしてAEGは、マーレーはAEGの雇用下にはなかったと主張している。しかしボイル弁護士は、本件は特殊であり裁判は進められるべきだと述べた。「かつてない事例であり、少なくとも誰も捕まっていません」

AEGの弁護士マーヴィン・プットナムは本裁定を評価したが、この裁判は起こされるべきではなかったという考えを繰り返した。プットナム弁護士は、マイケル・ジャクソンをケアするというマーレーの契約が話し合われている時点ですでに彼はマイケル・ジャクソンのケアを行っており、ラスベガスからロサンゼルスへ移住し、睡眠補助のための大量のプロポフォールを注文していた、と述べた。「残念ながら、マイケル・ジャクソンの死は免れなかっただろうということは明らかです」、とプットナムは審理後に述べている。

キャサリン・ジャクソンは2010年9月に訴えを起こし、裁判は2013年4月に開始される予定となっている。

■Judge Leans Toward Letting AEG Live Suit Continue
(26-2-2013) Superior Court Judge Yvette Palazuelos tentatively ruled Monday that a jury should decide whether AEG Live, the promoter of the 'This Is It' concerts, negligently hired and supervised physician Conrad Murray. If the ruling stands, it will allow the case by Katherine Jackson, Michael's mother, to go forward. The judge's ruling however eliminates some of Katherine Jackson's claims.

It is unclear when the ruling will be finalized. The judge heard two hours of arguments about the case on Monday but didn't indicate whether her mind had been changed.

The case centers on whether AEG did an appropriate investigation of Conrad Murray, a former cardiologist who is serving his sentence after being convicted of the involuntary manslaughter of Michael. The case also involves whether AEG controlled him while Michael Jackson prepared for the London concerts.

Katherine Jackson's attorney, Kevin Boyle, declined comment after the hearing, saying he wanted to see the final order. He told judge Palazuelos that AEG created a division of loyalties for Murray between his care of Michael Jackson and maintaining an arrangement that would have paid him $150,000 a month to care for the singer. Michael died before Murray's contract was signed, and AEG argues he was not an employee of the company. However, Boyle said the case was unique and it should proceed: "This has never happened before, or at least no one's been caught."

AEG attorney Marvin Putnam said he was pleased with the ruling but reiterated his belief that the case should have never been filed. Putnam had argued that by the time it was negotiating Murray's contract to treat Michael Jackson the doctor had already been treating the singer for some time, had relocated from Las Vegas to Los Angeles and had ordered large amounts of propofol to help Michael sleep. "Sadly, it appears that Michael Jackson's death would have occurred anyway," Putnam said after the hearing.

Katherine Jackson sued in September 2010 and a trial has been scheduled for early April 2013.

Source: MJFC / The Huffington Post
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ