MJの健康診断を行った医師が宣誓供述を拒否

マンハッタン裁判所に提出された訴状によると、ニューヨークの医師デヴィッド・スラヴィットが、亡くなる直前のマイケル・ジャクソンに作成していた健康証明書に関する召喚への返答を拒んでいる。

コンサート・プロモーターのAEGライブは、2009年のロンドンでの「This Is It」コンサートに先立ち、保険のためにマイケル・ジャクソンの健康診断を実施するためにデヴィッド・スラヴィット医師を雇った。マイケルの家族は、健康問題をおしてパフォーマンスを強要したとして、AEGを不法死亡で訴えている。AEGライブは、スラヴィット医師が、疑われているマイケル・ジャクソンの健康診断結果に対する宣誓供述から逃げ続け、昨年の4月以降医療記録の提出を拒んでいると主張している。AEGライブは判事に対し、不法死亡訴訟の進展のために、同医師を召喚状に従わせるよう求めている。

70x53_57.jpg ■ Doctor Refuses To Give Deposition
(21-2-2013) New York doctor David Slavit is refusing to answer a subpoena about the clean bill of health he gave Michael Jackson just months before the entertainer died, according to a suit filed in Manhattan Supreme Court.

Concert promoter AEG Live hired Dr. David Slavit to conduct a physical examination of Michael Jackson before his 2009 'This is It' concerts in London (UK) for insurance purposes. Michael's family is suing the concert promoter in a wrongful death suit for pushing him to perform despite health issues. AEG Live claims that Dr. Slavit has repeatedly dodged giving a deposition about his suspect appraisal of Michael's health and refused to release medical records since April of last year. Now the company wants a judge to finally force the doctor to comply with the subpoena so that the wrongful death suit can proceed.

Source: MJFC / NY Post
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ