プリンスは、ETの仕事をどのように得たか

プリンス・マイケル・ジャクソン(16)が、ニュース番組「エンターテインメント・トゥナイト(ET)」のゲスト・レポーターとして登場した。新作映画「オズ はじまりの戦い」の監督サム・ライミや俳優ジェームズ・ブランコ、ザック・ブラフらに対する彼のインタビューは、今週の同番組で断続的にオンエアされる。

プリンスは、ETのレポーターの一人、ブルック・アンダーソンのおかげでこの仕事を得た。アンダーソンはロサンゼルス・タイムズによる月曜夜の電話インタビューに対し、彼女とプリンスには「お互いのつながり」があり、プリンスと会って以来彼と何かやりたくてうずうずしていた、と語った。

「『オズ』の関係者へ彼がインタビューしたら素晴らしいと考えました。彼の父は『ウィズ』に出演していたし、彼は『オズの魔法使い』のファンで、それに彼は映画製作や監督をやりたがっていますから」

撮影は、授業がない長い週末の休日に行われた。インタビューの準備を手伝うため、アンダーソンはプリンスと想定質問を考えた。また、カメラの前でのリラックス方法を教え、緊張を解くために一緒に腕立て伏せまでやった。

「本当、彼にはそれほど教える必要はありませんでしたよ。変に聞こえるかもしれませんけど。彼は16歳ですからね。でも彼はとても洗練されていたし自信を持っていました」

アンダーソンによれば、インタビュー中、ライミ監督らはプリンスが誰であるか分かっていたが、立場を逆転させることもなく、彼の父について質問することはなかった。

「ザックは、『本当に最初のインタビューなの?』って言っていました。プリンスは素晴らしいエネルギーを生み出し、彼らはプリンスの映画についての知識に驚いていましたよ。彼は、3-Dの技術用語を知っていました。私には何の事だか分かりませんでしたけど」

プリンスは「エンターテインメント・トゥナイト」のレギュラーの仕事を得たわけではないが、アンダーソンは、子供をテーマとしたイベントという原則で「個別に」彼が戻ってきてくれるものと期待している。たとえば、次の「ニコロデオン・キッズ・チョイス・アワード」のようなものだ。

「キング・オブ・ポップの息子だという事実が、彼のためのドアを開けるかもしれません。ですが、彼には分別があります。『全部父のおかげです』と彼は言っていますよ」

原文: ■ How Prince Landed The ET Job
Source: MJFC / LA Times
prince_mj_1.jpg
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ