フェニックス、「Thriller」で使用されたレコーディング・コンソールを購入

フランスのオルタナティブ・ロックバンド、フェニックスの次期5枚目のスタジオアルバム「Bankrupt!」は、マイケル・ジャクソンの古典的アルバム「Thriller」を捉えた半導体レコーディング・コンソール、Harrison 4032でミックスされた。

thriller2x150.jpg


バンドのギタリスト、ローラン・ブランコウィッツがこのコンソールを見つけたのはeBayであった。持ち主は、フラートン(カリフォルニア州)のキリスト教の音楽スタジオのオーナー、クレイトン・ローズだった。何度も電子メールでやり取りし、リーダーのトーマス・マーズが1万7000ドルで手に入れた。元々の希望価格が3万2000ドルで、格安であった。

彼らはこのコンソールを購入した理由を、「神聖なる人工物で仕事をするということ、アルバム同士をつなぎ合わせる何か奇妙なものを持っているという考え方が気に入った」からだとしている。トーマス・マーズはニューヨーカー誌にこう語っている。

「僕にとって分からないのは、誰も・・・マニアも音楽エンジニアも記念品フリークも誰も欲しがらなかったことなんだ。彼(クレイトン・ローズ)には得体の知れないところがあった。詐欺みたいに思われたようだね」

購入後すぐに、この1100ポンド(約500キロ)のコンソールはパリへ発送された。バンドはここで「Bankrupt!」のミキシングを行った。このアルバムは当時、とりあえず「オルタナティブ・スリラー(別のスリラー)」とタイトルがつけられていた。このニューアルバムはグラスノート・レコードより2013年4月にリリースされる予定になっている。

フェニックスは2000年にデビューアルバム「United」をリリースし、2004年には「Alphabetical」、2006年に「It's Never Been Like That」、2009年には「Wolfgang Amadeus Phoenix」をリリースしている。

原文: ■ Phoenix Buys Recording Console Used For 'Thriller'
Source: MJFC / Consequence of Sound / The New Yorker / NME
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ