UPDATED:ジョー・ジャクソン、CNNのインタビューに答える

昨日の夕方、ジョセフ・ジャクソン(84)がCNNの「ピアーズ・モーガン・トゥナイト」に出演し、インタビューに答えた。

彼は息子のマイケル・ジャクソンの死を知った日のことについて語った。

「一人のファンから電話を受けました。『ミスター・ジャクソン』と彼は言いました。『えー、何かおかしいです。マイケルのところで救急車を見ました。救急車は出発しました。消防隊が救急車を追っています。何かおかしいです』

一番悲しかったのは、マイケルが私に連絡を取ろうとしていたことです。彼は『父に電話して』と言っていたそうです。亡くなる前です。彼は私をこれから救い出す方法を知っていたんだと思います。

ジョセフ・ジャクソンはマイケルの生涯の後半を囲んでいた状況についても述べた。

「彼らは彼をハワード・ヒューズのように扱っていました」と、その生涯の数年間を人目を避けて暮らし、強迫性生涯に苦しんでいたパイロットで映画製作者について言及した。「家族は彼に近づけなかったんです。彼らは出すぎていたんです。そしてそれが良くなかったんです」

【UPDATE】
マイケル・ジャクソンの父は、幼少期にベルトを使ってマイケルを「引き裂いた」ことについて弁明した。彼が子供たちの成長過程で厳しかったことは有名で、ジャクソン・ファイヴのリハーサルでミスをすると、マイケルと兄弟たちはベルトや素手で叩かれたとマイケルは非難していた。マイケルは父による身体的虐待の影響について率直に語っており、子ども時代を破壊されたとジョーを非難していた。しかしジャクソン家の家長ジョーは、自分の厳しいルールがマイケルと兄弟たちをスターにしたのだと信じている。インタビューでジョーは、彼の暴君的現場主義が世界にスーパースターを届け、彼に尊敬というものを教えたのだと語った。

「私が厳しかったことについてはよかったと思っています。私が世に出したものを御覧なさい。世界中の人々が愛した子供たちを送り出したのです。そして子供たちはどんな人も大切にしたのです。

子供を殴るなんてありえませんよ。子供が何かやったら、ムチで叩くなり何か罰するでしょう。子供はそれを忘れないものです。

私はそうせざるを得なかったのです、当時は。それは辛いことでした。私たちが住んでいたあたり(インディアナ州ゲーリー)にはギャングがたくさんいたんですよ。

マイケルは、彼はいい子でした。彼がどう育ったかということについては、世界はあまり知りません。でも、彼は育ちました。私は彼が年長者を敬うよう躾けたのです」

完全版インタビュー(21分33秒)を見るにはこちらをクリック。

UPDATED: Joe Jackson Defends Beating Michael
Source: MJFC / CNN / Metro / Female First / The West / Special thanks to Neel for bringing this to our attention.

joe_2013_1.jpg
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ