メゼロウ、マーレーのボイスメールにうんざりする

児童虐待裁判でマイケル・ジャクソンを勝利に導いた弁護士トム・メゼロウは、昨日明らかとなったコンラッド・マーレーのボイスメールを聞いて、文字通り立っていられなかった。友人に向けられて録音されたボイスメールの中で、マーレーは肩の怪我の痛みや、眠れないことについて不平を漏らしている。

「眠れないんだ・・・とてもつらい・・・ずっと痛むんだ・・・だれか助けてくれないかな!?手が使えない・・・腕が使えないんだ」。さらにマーレーは、友人に対しシェリフ・バッカに助けを求める電話をするよう懇願している。「彼に僕のところへ来てくれるよう頼んでくれ、ここで何が起きているか、彼は知らないかもしれない」

メゼロウ氏はロサンゼルスで、記者が彼のために再生したこの録音を聞いたが、数分後、彼はスイッチを切って言った。

「これ以上聞くことは出来ません。

この男は卑劣です。この男は自分がマイケル・ジャクソンに対してやったことに対し責任というものをとったことはありません。彼はずっと非難してきました。彼はマイケル・ジャクソンを何もかも非難しているのです。

彼は自分の境遇に同情してくれる人を求めているのです。

世界の歴史の中で最大のアーティストの一人であると同時に世界の歴史の中で最大の人道主義者の一人を彼は死なせたのです。優しく、慎み深く、素晴らしい良い人。彼を死なせ、そしてそれに対する責任をとっていません。彼は卑劣です。この彼の声明を聞くことは、私にはできません」

メゼロウの声明のビデオを見るにはこちら

原文 ■ Mesereau Disgusted By Murray's Voicemail
Source: MJFC / TMZ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ