オクラホマ州立大フットボール・チームは「MJの大ファン」

マイケル・ジャクソンの音楽がスタジアムのスピーカーから流れ出した。2013年1月1日のパデュー大学との対戦に向け、土曜日にダラスのハイランド・パーク高校で、オクラホマ州立大のフットボール・チームが練習を開始した時のことである。ディスク・ジョッキー・・・あるいは少なくともその選曲を行ったのは、マイク・ガンディー監督だ。

「僕はマイケル・ジャクソンの大ファンなんだ。(この世代の)選手の中には何も言わない者もいるけど、彼らを見ていて、練習が進むとみんな音楽に気が付くんだ。彼らは認めたがらないけど、僕たちはマイケル・ジャクソンの大ファンなのさ」

4年生のディフェンシブ・エンド、クーパー・バセットは、ガンディー監督の選曲は良いと語る。チームを動かすからだ。

「僕はカントリーの大ファンなんだけど、カントリーではフットボールはできないんだ。最初、用具係がカントリーを流したんだけど、残念なことに練習でムードが下がっちゃうっていうか。だからガンディー監督は、80年代にプレーした人だけど、マイケル・ジャクソンを持ち出すことになって、今日は練習に少し活気が出てきたよ」

mj39.jpg ■ Oklahoma State Football Team ‘Big MJ Fans’
(30-12-2012) Michael Jackson songs blared out of stadium speakers when the American football team of the Oklahoma State University practiced Saturday at Highland Park High School in Dallas (Texas, USA) in preparation of their next match against Purdue University on January 1, 2013. The disc jockey - or at least the person who chose the music - was the team's head coach Mike Gundy:

"I'm a big Michael Jackson fan. A lot of times some players (in this generation) ... don't really say anything, then as you watch them as practice goes on, they all know the songs. They just really don't like to admit it, but we are big Michael Jackson fans."

Senior defensive end Cooper Bassett added that Gundy made a good choice because it got the team going:

"I'm a big country music fan, but you can't play football to country music. Our equipment guys put that on earlier and it kind of brings the mood down unfortunately at practice. So coach Gundy, a guy who played in the '80s, had to bring out Michael Jackson and it livened up practice a little bit today."

Source: MJFC / Tulsa World
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ