障害を持つファンへMJエステートから贈り物

ジェームズ・ウォデル(46)は休みの日には野球場やその他いたるところでマイケル・ジャクソンの輝くグローブをしている。だから、ボランティアたちが彼やコミュニティー・ヘブンの発達障害を持つ住人たちのために先月開催したクリスマス・パーティーで、彼がジャクソンの音楽をもっと欲しがったことは驚くことではなかった。彼はMJの新しいCDを受け取った。

しかし、彼が取り上げられた休日のニュースがジョン・ブランカとジョン・マクレーン(マイケル・ジャクソンの遺産を管理する弁護士)の目に留まり、彼への贈り物が次から次へと届けられた。ロサンゼルスに住む彼らは、マイケル・ジャクソンに関する品々の入った箱を送ったが、その中にはコンサートのDVDやWiiのゲーム、Tシャツなどが含まれていた。

「楽しい休日を、そしてあなたの2013年が良い年でありますように!」
ジョン・ブランカとジョン・マクレーンの代理のパラリーガル(弁護士補佐)が書いた手紙にはこう書かれていた。ウォデルはもちろん喜んだ。

「彼は徹底的にマイケル・ジャクソンなんです」
ウォデルが10年住んでいるサラソータの施設のマーケティング・コーディネーター、キム・クラークは言う。「彼はマイケルのおかげでハッピーなんですよ」

金曜日、ウォデルはカーリーの黒いウィッグと輝く赤いジャケット(昨年のハロウィンでの衣装コンテストの時の44というラベルがまだついている)を身につけた。彼は届けられたプレゼントを披露し、コンサートのDVDをリビングで観た。そしてまるで誰も見ていないかのように踊り、彼の足はカーペットの上を滑った。腕を突き出し、グローブをつけた左手を振った。マイケルがビデオの中でグローブを外して放り投げると、ウォデルも同じことをした。数分後、コミュニティー・ヘブンのキッチンでの皿洗いという彼の仕事に向う時もウォデルはダンスをしていた。

原文 ■ Disabled Fan Receives Gift From MJ Estate
Source: Herald Tribune

lisa_mj.jpg
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ