検察当局、刑務所からの釈放の訴えを阻止する構え

TMZが報じているところによると、カリフォルニア州の司法長官が、現在争われているコンラッド・マーレーによる刑務所からの釈放の訴えについて阻止しようとしていると新たな裁判所文書に記されている。

伝えられるところでは、検察当局は、マーレー自身が逃亡の恐れはないと言っているが全く疑わしいと主張しているという。もし釈放されれば、マーレーは、愛人で自分の子供の母親であるニコール・アルバレスとサンタモニカで暮らすつもりだと主張している。しかしながら検察当局は、彼には5人の女性との間に7人の子供がおり、そういった状況から彼が安定感のポスターチャイルド(※イメージキャラクター、代表選手などの意味で使われる)にはならないだろうと主張している。

マーレーはまた、自分が顔が知られているため逃げることが出来ず、したがって逃亡はしないと訴えている。しかし検察側は、真の著名人を死亡させたことで署名人になったことで得をするなど茶番であると述べている。

さらに検察側は、マーレーがマイケル・ジャクソンの死に責任があるということについての自責の念を全く示していないということ自体、もし彼を自由にすればコミュニティーに対して危険であり続けるかもしれないという危険信号だと述べている。

■ Prosecutors Reportedly Try To Block Murray's Appeal To Be Released From Jail
(29-12-2012) TMZ is reporting that they obtained new court documents stating that the California Attorney General is fighting Conrad Murray's currently pending appeal to be releaed from jail.

The prosecutos are reportedly arguing that Murray is totally unconvincing when he states he is not a flight risk. Murray is claiming that if he gets out of jail he will live with his girlfriend and mother of his child, Nicole Alvarez, in Santa Monica. However, prosecutors point out that he has 7 kids with 5 different women, which does not exactly make him the poster child of stability.

Murray also argued in his appeal that he can't flee because he is a celebrity and therefore can't run and hide. But prosecutors state that it would be a travesty to reward him for becoming a celebrity by killing a true celebrity.

Prosecutors also say the fact that Murray has shown no remorse at all for being responsible for Michael Jackson's death is a red flag that he might continue to be a danger to the community if set free.

Source: MJFC / TMZ
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ