「Thriller」30周年:いかにして一枚のアルバムが世界を変えたか(その5)

ジャクソンのビデオの明らかなクォリティにもかかわらず、MTVはロック局でありジャクソンはそのフォーマットにそぐわないとしてMTVは当初彼のビデオを放映することを拒んでいた。何がMTVの方針を変え、「Billie Jean」を放映リストに加えさせたのかについては今日まで意見が分かれている。当時、CBSの長であったウォルター・イエットニコフが、もしMTVが「Billie Jean」を放映しないならCBSレーベルの全曲をMTVから引き上げると脅したという話が広まっていたが、この主張はMTVの大物ボブ・ピットマンとレス・ガーランドにより否定されている。激しいビートと都会的プロダクションがMTVの「ロック」のイメージにそぐわないため、当初「Billie Jean」のビデオを放映しないと決めていたと彼らは認めている。しかし彼らは、2月の中旬に、その映像(おそらく彼らのデスクに届けられた中でベストであった)を見て再検討を始めたのだと主張している。MTV抜きでもHOT100において「Billie Jean」が23位から6位に一週間で急上昇したという事実とあいまって、MTVの重役たちは試してみるべきだという結論を下した。

MTVの・・・そしてジャクソンの・・・タイミングはパーフェクトだった。MTVは「Billie Jean」を3月1日にデビューさせた。HOT100でトップになるちょうど4日前で、過去2年間でオンエアされた最初のアップテンポのアーバン・ソングとなったのである。同時に「Billie Jean」は、発売10週目でアルバム「Thriller」をアルバムチャートの首位まで引き上げる推進力となった。しかしシングル1曲、アルバム1枚のナンバーワンというのは、ジャクソンとMTVにとってほんの始まりにすぎなかったことが明らかとなる。

MTVのエアプレイがマイケル・ジャクソンを大きくするのと同様、ジャクソンのビデオ「Billie Jean」と2週間後の「Beat It」を取り上げることは、ビデオクリップのチャンネルであるMTVのアピール力を広げていった。MTVは既に白人向けポップ界の最もホットな中心となっていたが、彼らが本物のスターを発見したのはマイケル・ジャクソンを加えた時であった。世界で最もホットなポップ・スターが一日中テレビに登場するという考え方・・・この2本のビデオクリップに挟まれ、視聴者はマイケルをMTVで見るためにテレビの前に長い間座っている必要はなかった・・・によりMTVをこれまで以上に話題になった。新しい視聴者らは、マイケル・ジャクソンのビデオがどれほどすごいかを聞いてMTVを見たのだ。同時に、MTVのコアな視聴者は、(結果的に気に入った場合を除いて)彼らが気に入らないタイプの音楽を取り入れているビデオによって吹き飛ばされてしまった。当時起きていたことを現代の言葉で説明するならば、MTVとマイケル・ジャクソンは口コミでお互いにお互いを広めたのである。
その6に続く)
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ