エディ・ヴァン・ヘイレン、「Beat It」でのコラボレーションを語る(その1)

エディ・ヴァン・ヘイレンは自宅スタジオのソファに腰掛け、電子タバコを吸いながらマイケル・ジャクソンの傑作アルバム「Thriller」の30周年について振り返った。

「昨日の事みたいだね」と彼はやわらかく言った。「彼とまた仕事できたら楽しいだろうな」

ヴァン・ヘイレンは「Thriller」からのサード・シングル「Beat It」のサプライズ・ゲストだった。彼の燃えるようなギター・ソロは全部で20秒ほどだがレコーディングには30分ほどかかった。彼はプロデューサーのクインシー・ジョーンズの頼みで、バンドメンバーらが町を出ている間にノーギャラでこの演奏を行なった。

「『この小僧のレコードで俺がプレイしてるなんて誰が気付くかな?誰も気がつかないだろうな。』って独り言を言っていたよ。違う!」と彼は笑った。「大間違いだった。この曲はレコード・オブ・ザ・イヤーになったんだから」

ロックの殿堂入り者である彼は先日CNNに対し、キング・オブ・ポップとの象徴的コラボレーションの舞台裏について明かしてくれた。

CNN:クインシーから電話がかかってきた時、イタズラ電話だと思ったんですよね?

エディ・ヴァン・ヘイレン:怒鳴っちまったんだよ。「何の用だ、この野郎!」って。彼は「エディかい?」って続けた。「そうだ、何の用だって言ってるんだ」、「クインシーだよ」。俺は「クインシーという名前のヤツは知らないな」と考えていた。「クインシー・ジョーンズだよ」と彼は続けた。「あああ、申し訳ない!」(笑)

「何の用だい?」と尋ねると、「マイケル・ジャクソンの新しいレコードでプレイしないか?」って言ったよ。「OK、'ABC, 1, 2, 3'、そして俺か。うまくいくのか?」って俺は考えていた。

100%彼であるとはまだ確信が持てなかった。「こうしよう。君のスタジオで会おう」と俺は言った。そうしたらなんと、着いてみるとクインシーがいて、マイケル・ジャクソンとエンジニアたちがいたんだ。レコード製作中だったんだよ!

CNN:クインシーは、こうして欲しいとか何かあなたに指示を出しましたか?

ヴァン・ヘイレン:マイケルはホールを横切って行った。子供が話をしているレコードか何かをやるために。「E.T.」だと思うけど。だからクインシーに、「俺は何をするんだい?」と尋ねた。彼は「何でも好きなことを」って言ったよ。俺は言ってやった。「俺にそう言う時は気をつけなよ。俺のことを知ってるなら、『好きなことをしろ』って俺に言う時は気をつけることだ」ってさ。

俺はその曲を聴いて、すぐに「ちょっと変えてもいいかい?」と言った。俺はエンジニアの方を向いて、「OK、ブレークダウンのところから、この部分をちょん切って、こいつへ、プレーコーラス、サビへ、アウト」。組み立てるのに10分かかったよ。そして俺がその上から即興で二つのソロをやったんだ。

マイケルが入ってきたときにちょうど二番目のソロを終えたんだ。アーティストっていうのは言ってみればクレージーな人種だ。俺たちはみんな少し変なんだよ。俺がやったことに彼がどう反応するかは分からなかった。だから彼が聴く前に注意した。「聴いてみて。君の曲のミドル・セクションを変えたよ」って。

俺の考えでは、自分の曲を台無しにされたといってボディーガードに俺をつまみ出させるか、気に入るかのどちらかだろう。彼は聴いてみた。そして俺の方を向いて「ワォ、ありがとう。わざわざ来てソロを激しくやってくれただけじゃなくて、曲のことを考えてくれて、良くしてくれたんだね」

彼は子供のような純粋さを持った音楽の天才だった。彼はまさにプロフェショナルだったし、そして優しい人だったよ。
その2に続く)
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ