マイケルとニーヨ

自身の作品のブート、そして大統領選挙について議論した後、ニーヨはブート製作者たちのやっていることについてのフラストレーションを語った。しかし彼はこう語ることによって問題のトーンを抑えた。

「音楽業界にある僕の問題を語っているとき、それは例えばマイケル・ジャクソンのような人のことと比べるとたいしたことないなって思うんだ。彼はキャリアを通じてたくさんのことを経験したけど、それでも彼は音楽を愛していた。僕たちはこのことについて何時間も話をしたよ。話をする彼の顔にその愛を見ることができると思うよ。僕は、最後のツアーが終わった後にレコーディングするための曲をいくつか彼のために書いたんだけど、彼はそのことに本当に興奮していたよ。彼は音楽を作ることが大好きで、何が起きてもそれが彼からなくなることはなかったんだ」

ne-yo.jpg ■ Michael And Ne-Yo
Sunday, November 11th 2012

After discussing the bootlegging of his recent work and the Presidential election, NeYo spoke of his frustration at the work of the bootleggers. But he went on to qualify his issues by saying:-

“I realize sometimes when I’m talking about my issues in the music industry that they are really nothing compared to someone like Michael Jackson’s. He went through so much in his entire career, but he still loved the music. We sat and talked for hours about it, and you could see that love in his face as he spoke. I’d written some songs for him to record after his finished that last tour, and he was really excited about it. He loved making music, and nothing that happened to him ever took that away.”

Source: the dailybeast.com & MJWN
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
WHAT ABOUT US
月別アーカイブ