Designing For The 'King of Pop'

マイケル・ブッシュとデニス・トンプキンスはキング・オブ・ポップを最も象徴する衣服の多くの製作を担当していた。二人はマイケルのために900から1,200点の衣服を制作したが、その中にはネバーランド用の、重さ73ポンド(約33キロ)のラインストーンのベッドカバーというものもあった。現在、衣装のコレクションが11月 30日までビバリーヒルズのジュリアンズ・オークションにて展示中である。その一部、2人のコレクションからの475点は12月2日、ジュリアンズ・オークションでオークションにかけられることになっている。

もちろんマイケルは音楽で有名であるが、彼の象徴的衣服についても多くの記憶に残っている。

「先週トゥデイ・ショーで出番を待っている時、(国土安全保障長官の)ジャネット・ナポリターノが歩いて通りかかったのです。そして私が持ってきていた衣装を見て、『1986年のマイケル・ジャクソン、1990年のマイケル・ジャクソン』と言ったのです。驚きでした」とブッシュはインタビューで答えている。

ジュリアンズ・オークションでは、最も愛された衣服の一部が展示されており、Dangerousツアーの赤い革の「Beat It」ジャケットや1995年のアルバム「HIStory」プロモーション用に作られた「HIStory Teaser」ジャケット、黒いギャバジンで作られ革のバックル・ストラップで飾られたジップ・フロントのBADツアー・ジャケット、1990年に当時のジョージ・H・W・ブッシュ大統領から「Entertainer of the Decade」の栄誉を授けられ、ホワイトハウスを訪問した時に着用していた、赤いアームバンドとカフがある黒い編み上げロープで覆われた黒いカシミア製のユサール・ジャケットが含まれている。

「多くの博物館がこれらの品々に興味を示しています。これは良いことだと思います。一部の服は色褪せほつれ始めていますから」とブッシュは語る。彼は有名なBADツアー・ジャケットをベッドの下のボール紙の箱の中に20年も保管していた。

マイケルは、本に入れるために多くの衣装をブッシュに戻していた。これは彼が20年間あたためていた計画である。

「マイケルはとても気前が良かったので、誰かが気に入ったと言えばあげていたのです」

ブッシュは、マイケルとのデザインのプロセスを楽しんでいた。

「私たちは紙を持ってテーブルにつくんです。彼は鉛筆、私は鉛筆と消しゴムを持って。彼が何か書く、私がそれは作りたくないと言う。そして私が何か書く、彼がそれは着たくないなと言う。クレヨンを持った二人の子供みたいなものですよ。どっちが相手よりも上手く書いて相手のものを台無しにできるか確かめるみたいなね。

マイケルのメンタリティーは、『僕はビートを歌う。君は僕がビートを示すのを手伝うんだ』というものです。マイケルの基本的メンタリティーは、僕はモデルじゃない、ダンサーだ、というものでした。でも彼はショータイムというものを理解してもいました。それ以外では、彼は何を着るかについて無頓着でした。彼が私服でここへ入ってきたら、それがマイケル・ジャクソンだとはわからないでしょう。彼はいつもダブダブのシャツやズボンで、かかとが磨り減った靴を履いていました。でも、人々の前で目立っている時は、人々がショーを見たがっているということを理解していました」

ブッシュはまた、マイケルがノードストローム(高級デパート)で普通に買えるパジャマを着て寝ていたことを明かした。

埋葬される時の最後の服について、彼は、1994年にグラミー賞を妹のジャネットから手渡されたときに着ていたパールのジャケットの複製を着せられていた。さらに、黒いビーズで飾られた黒のリーバイスと「This Is It」のオープニング・ナンバーでつける予定だったルーサイト製のすね当ても。トンプキンスとブッシュがその服をデザインしたのだが、ブッシュがそれを最後にもう一度着せなければならなかったのだ。

「できるかどうかはわかりませんでした。でもラトーヤが『あなたなら彼がどれを選ぶかわかる』と言ったんです。デニスが、『お気に入りのジャケットを着せよう』と言いました。家族に電話しましたが、誰もそのありかを知りませんでした。私はもう一つ質問しました。彼は、人前に出るときはそれ用の私物の靴を履いていましたが、どれを履かせましょうか、と。ラトーヤは『だめよ、だめ。弟は飛び切りのダンスをしにいかなければならないんだから』と言いました」

トンプキンスとブッシュがマイケル・ジャクソンのために作った作品はブッシュの本「The King of Style: Dressing Michael Jackson」に記録されている。そしてマイケル・ブッシュは12月にアメリカで書店ツアーを行なう。たくさんの作品を携えて。

原文: ■ Designing For The 'King of Pop'
Source: MJFC / The Wrap
関連記事
Google検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

プロフィール

MJJFANCLUB.JP

Author:MJJFANCLUB.JP
* このブログはマイケル・ジャクソンのNewsブログです。
EmailAddress:
info.mjjfanclub.jp*gmail.com
の*を@に変えてください。

お知らせ

マイケル・ジャクソン「ONE」、チケット ON SALE NOW!!!
Man in the Music-スパイク・リー監督推薦図書
MJJFC.JPフェイスブック (TV情報 etc.)
カレンダー
最新記事
カテゴリ
リンク
文字サイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
モバイルはこちらから
QR
カウンター
月別アーカイブ